未分類

【呪術回線】呪術高専2年 禪院真希まとめ!死滅回遊に向け覚醒!?

呪術高専2年、禪院真希とは何者?

様々な呪術師が登場する呪術廻戦でひと際異彩を放つキャラクターである禪院真希。ポニーテールとメガネが特徴的なツンデレ女子です。

そんな彼女ですが、実は呪術界での名家出身であるエリート術師なのです。なのにもかかわらず階級は4級術師止まりとなっています。

なぜそのような評価をされているのか、彼女の生い立ちを含めてまとめていきたいと思います。

禪院真希は禪院家の落ちこぼれ!?

呪術界の名家である禪院家出身である禪院真希ですが、実は彼女は術式を持っておらず、呪力を練って戦う事ができません。ほとんど呪力を持たない体質なので、呪霊を見る事もできません。

彼女がかけているメガネも、呪霊を見る事ができるようにするためのモノなのです。名家に生まれながら呪術師としての才能を全く持って生まれてこなかった禪院真希は、逃げるようにして呪術高専へと入学したのでした。

禪院家からも疎まれている彼女は、禪院家の圧力により実力を評価してもらえず、4級術師止まりとなっているのです。

禪院真希は呪具で戦う!?フィジカルギフテッドとは?

前述したとおり、禪院真希は呪力が練れず術式も持ち合わせていないので、呪術師としての才能が全くないといっても過言ではないのです。

しかし、彼女は常人とはかけ離れた身体能力を持っています。

それは天与呪縛と呼ばれる、一種の縛りが関係しています。禪院真希は、呪術を扱えて当然の家に生まれながら、呪力をねれない、術式を持たないという縛りを生まれながらにして強制的に発動させている状態にあります。

その縛りの対価として常人離れした身体能力を手にしているのです。これを天与呪縛によるフィジカルギフテッドといいます。

しかし、いくら身体能力がずば抜けていても呪霊には呪力を用いた攻撃でないと効果がありません。

そこで彼女は、戦闘時には「呪具」と呼ばれる、あらかじめ呪力が込められている武具を使用しています。禪院家が所有する呪具「游雲」を主に使用しています。

双子の妹である禪院真衣!

禪院真希には双子の妹である禪院真衣がいます。彼女も禪院家の落ちこぼれであり、真希と同様逃げるように呪術高専に入学しました。

しかし、真希は東京校、真衣は京都校と別々の高専へ通っています。真衣は術式を持っており、物質を生成できるというものでしたが、到底実用に至るレベルの能力ではありませんでした。

二人の仲は良いとは言えず、姉妹校交流会時も二人が戦闘時に言い争いを始めるシーンも描かれています。そこには禪院家に関係する難しい問題が深く絡んでいるという事が推測されていました。

真衣は自分の生まれた環境を悟り、落ちぶれていく未来を想像していましたが、真希は同様の境遇でありながらもひたすら呪術師への道を歩むために鍛錬を欠かしませんでした。

そんな真希を見て、落ちぶれるに落ちぶれる事ができずに中途半端に過ごしてきた事を真希に責任を押し付けようという気持ちがあった真衣ですが、真希のせいではなく、自分の責任であることを言い争いの中で認めました。

姉妹校交流会の後、少し二人の距離が縮まる事となりました。

禪院真希の覚醒!?それによる禪院家壊滅!?

渋谷事変編が終わり、死滅回遊編へと物語が移り変わっていく間で、真希が禪院家に呪具を取りに戻ります。しかしそこには、禪院家当主をめぐる醜い争いの末考え出された恐ろしい計画が待っていました。

禪院家当主になるはずであった伏黒恵とその共犯者である禪院真希、禪院麻衣を禪院家自らの手で粛清するという計画でした。禪院家に着いた真希が見たのは、既に、父親に捕まり倒された後の真衣の姿でした。

真希はそのまま父親の禪院扇(おうぎ)と戦闘になります。この事も想定して呪具を用意してきた真希でしたが、実力としては1級術師相当である扇には敵わず切り捨てられてしまいます。

その後、真衣と共に懲罰房へと放り込まれる二人。扇はそこに閉じ込めている大量の呪霊によって二人を処分しようとしていました。

絶体絶命の危機でしたが、真衣が最期の力を振り絞り、呪具を生成します。二人は精神世界で会話を交わした後にこう約束します。

「全部壊して。」

そうして息を引き取った真衣と入れ替わるようにして気を取り戻した真希。一方、処分を終え戻ろうとしていた扇のもとへ異常な気配が届きます。

懲罰房の呪霊たちの気配が一瞬で消え去ったのです。そこから出てきた真希。扇は真希の覚醒を悟り、即座に臨戦態勢に入りますが、戦闘と呼べるほどのものではない早さの決着。

真希に一瞬にして頭を両断されてしまいました。

真希は、双子であるがゆえに完全な天与呪縛によるフィジカルギフテッドではなかったのです。

呪術的には双子は二人で一人の人物として扱われることとなります。術式を所持した妹の真衣がいる事で完全に呪力を脱却した一人の人物になれずにいたのです。

そんな真希が真衣を失ったことで、完璧に呪力から脱却した完全なるフィジカルギフテッドへと変貌しました。

その強さたるや圧巻、禪院家の実力者相手に一人で虐殺を行い、禪院家の次期当主候補であった禪院直哉(なおや)さえも倒してしまいます

。こうして完全なるフィジカルギフテッドの体へと変貌した禪院真希は、外出中であった他の禪院家の人間もすべて殺害し、禪院家を壊滅に追い込みました。真衣との約束である「全部壊して。」を実際に体現した復讐ぶりとなりました。

禪院真希はこれからどうなる?死滅回遊編にはどう登場する?

舞台は死滅回遊編へと動き出しましたが、禪院真希は禪院家を壊滅に追いやった後の消息が描かれていません。

元はといえば、禪院家に呪具を取りに帰っただけでしたが、結果として禪院家を壊滅させてしまった禪院真希。

予定であれば伏黒と再会して死滅回遊へ一緒に参加する予定でしたが、伏黒は既に参加を宣言してしまっています。

かといってあれだけの騒動を起こした禪院真希が死滅回遊編へ全く干渉する事がないとは考えにくいので、どこかのコロニーで登場したり、メンバーと合流したりする可能性は十分にあります。彼女の今後の活躍が楽しみですね。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.