未分類

【呪術廻戦】両面宿儺は実在した呪いの王!?飛騨地方に伝わる伝説とは



現在、週刊少年ジャンプにて掲載中の『呪術廻戦

今回は呪術廻戦に登場するキャラクター、両面宿儺(りょうめんすくな)について解説していきたいと思います!




両面宿儺とは?


「両面宿儺は腕が4本、顔が2つある仮想の鬼神。だがそいつは実在した人間だよ。1000年以上前の話だけどね」


作品の主人公、虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が両面宿儺の指を呑み込んだことにより、虎杖の体に宿儺が受肉する形で現世に現れました。

五条悟(ごじょうさとる)のセリフから分かるように、作品内での両面宿儺は過去に実在した人間として扱われています。


両面宿儺の趣味は食べること。嫌いなものは特にありません。

また生前腕が4本あったことから、着ている着物は女性のものに近いようです。


公式ファンブックによると、宿儺は虎杖の中にいるときはボーッとしているらしく、視界も共有したりしなかったりしているそうです。普段虎杖の中にいる宿儺の様子もファンとしては気になるところではありますね。

等級特級呪物
領域展開 「伏魔御廚子」(ふくまみづし)
反転術式
解(かい)
捌(はち)
開(ふーが)



両面宿儺は実在した!?


それでは実際に日本にいた両面宿儺はどのような存在だったのでしょうか?


『飛騨に伝わる伝説』5選


両面宿儺は岐阜県の飛騨地方にて多くの言い伝えがあります。今回はそのいくつかを紹介していきたいと思います!



1.飛騨千光寺

1600年前に両面宿儺が千光寺を開山したとして祀られており、計4体の宿儺像を見ることが出来ます。



2.飛騨大鍾乳洞

両面宿儺が地域の人々を率い、良い政治を行ったとして崇められていました。約6.1mの宿儺鍋が展示されており、毎年11/3には飛騨にゅうかわ宿儺まつりが開催されています。

両面宿儺洞に居住していたとされ、奥には像が祀られています。(現在は入場出来ません)



3.善久寺

岩壁が崩れ、その内側から両面宿儺が現れました。十一面観音の顕著であり、善久寺を建てたとされています。





4.飛騨一宮水無神社

奥宮の位山の主は両面宿儺であるとされています。雲の波を分けてやってきたという説や位山が持つ神秘的なものが両面宿儺の中に凝固したという説もあります。



5.金山町

仁徳天皇の時代、両面宿儺は難波根子武振熊(なにわのねこたけふるくま)と激しい戦いを繰り広げました。その際に金山町の鎮守山に留まり、後武儀郡下之保の高沢に飛び立ったとされています。




実際に飛騨地方の言い伝えをみると、両面宿儺は様々な寺院を開山したり悪鬼を退治したり五穀豊穣を祈願するなどして地域の人々から崇拝されていたことが明らかになりましたね!!


ちなみに日本書紀に書かれている両面宿儺の主な特徴は以下の3つです。

・1つの胴体に顔が2つありそれぞれ反対側を向いていた

・左右に剣を持ち4つの手で2張りの弓矢を用いた

・皇命に従わず人民から略奪することを楽しんだ


比べてみると、日本書紀に書かれている内容と飛騨地方に伝わる言い伝えでは内容がかなり違うことが分かりました。




作品内の両面宿儺と言い伝えの関連性は?


「見た目も強さも宿儺っぽいから宿儺って呼ばれてた人」

https://www.shonenjump.com/jujutsuFB/



ファンブックには『両面宿儺は地域によって英雄扱いされていたり、特産品の名前になっていたりするがそういった背景は作品には反映されていない』と書かれています。

しかし漫画やアニメをきっかけに日本の歴史を新しく知ることが出来るのは素敵なことではないでしょうか?





まとめ



✔︎両面宿儺は実在した人間

✔︎飛騨地方には様々な言い伝えがある

✔︎呪術廻戦の両面宿儺と飛騨地方に伝わる伝説の関連性はない


12/24には映画が公開されます。

漫画『呪術廻戦』の0巻の内容になるのでまだ読んでない方はこの機会に是非手にとってみて下さい。

https://jujutsukaisen-movie.jp/

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.