未分類

    ポッキーの歴史

    ポッキーはいつ誕生したのか

ポッキーは、日本菓子メーカー江崎グリコが1966年昭和41年から発売のチョコレート菓子です。

なんと今年で55年もの歴史があり、2019年には世界で最も売れたチョコレートでコーティングされたビスケットとして

世界ギネス記録にも認定されています。

筆者も生まれた時からあるポッキーの歴史はこんなに長かったのですね。

ポッキーはどうやって今の形になったの?

       当初、最初にあったプリッツをもとにして作られました。

全体にチョコレートをコーティングするところからはじまり、銀紙で包む工程を経て、

クッキーの一部分をチョコレートコーティングしないことで、現在のスタイルを考案したとされています。

当時は、大阪名物の串カツをヒントにしたといわれています。

確かに串カツに似ていますね。

ポッキーの名前の由来

てくてく歩きながら食べるチョコスナックとして「チョコテック」と名付けられていたが、他社により既に商標登録されていたため、

使用できなかったそうです。そこで、ポッキンとかじる音から「ポッキン」となり、昭和41年に「ポッキー」となって世の中に出回りました。

ポキポキとなる音が癖になりますよね。

世界のポッキー

日本で知られているポッキーは、言葉やチョコレートの濃度を変えて世界にも多くのファンを虜にしています。

製品の内容も、気温の高いタイでは、日本より隔ける温度の高いチョコレートを使って甘さを抑える工夫をされています。

ヨーロッパでは、カカオ100パーセントのチョコレートにしているそうです。

ポッキーが世界中で愛されている理由はこんな細かい配慮にもあったのですね。

ポッキーの商品紹介

今では、ムースショコラ、テイスティ、極細ポッキー、つぶつぶイチゴやアーモンドクラッシュ、地元ポッキーなるものまで

たくさん発売されています。旅のお供やドライブのお供に欠かせない定番お菓子です。

多種多様な顔を見せるポッキー、いろんな味のポッキー巡りをしてみてはいかがでしょうか。

江崎グリコ https://www.pocky.jp


-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.