未分類

プッチンプリンの歴史を知ろう!

皆さん、甘いものは好きですか?どんなスイーツが好きですか?

数多くあるスイーツの中で、「プリン」を挙げる人は少なくないとおもいます(^^)

プリンはイギリスの家庭料理として生まれました。そして現代、日本のスーパーやコンビニで見かけないことはほぼありません!(人気すぎて見かけないことはあるかもしれません…笑)

プリンは最も親しみのあるスイーツのひとつですよね!

でも、プリンをここまで身近にしたきっかけは何でしょう?

それはズバリ、「プッチンプリン」!!

カップの底にあるツマミを折ってお皿に出す瞬間は、何度やってもワクワクしますよね!

今でこそ当たり前のように存在しているプッチンプリンですが、よく考えると、とてもユニークな商品ですよね!

この記事では、そんなプッチンプリンが生まれた歴史を紹介していきます(^^)/

目次

1,そもそもプッチンプリンって?

 ・プッチンプリンのプロフィール

 ・「プッチン」の仕組み

2,誕生のきっかけ

3,プッチンプリンの進化

4,まとめ

1,そもそもプッチンプリンって?

 日本でプッチンプリンを知らない人は居ないと言っても過言ではありません。でも、その歴史を知るために、おさらいしておきましょう!

・プッチンプリンのプロフィール

名前プッチンプリン
発売時期1972年7月
開発したメーカー江崎グリコ
特徴底にあるツマミを折ると、きれいにお皿に出すことができる

実は「プッチンプリン」は、江崎グリコが開発したカッププリンの商品名なのです!

・「プッチン」の仕組み

 商品名にもなっているあの「プッチン」は、一体どういう仕組みなのか気になったことはありませんか?

まず、プリンはカップに入った状態だとカップの内側と密着しています。そのため、ただ逆さまにしただけでは、弾力のあるプリンは容器から出てこないです。

そこで、ツマミを折って底に穴を開けてあげると、容器とプリンの間に空気が入り込みます。そうすると、重力に任せてプリンが落ちてくるという仕組みになっています。

2、誕生のきっかけ

仕組みは思ったよりシンプルですよね。でも、プリンに応用するという発想はなかなか思いつきません…!

ここでは、開発者たちがどのようにこの発想にたどり着いたのかをご紹介します♪

舞台は遡って1970年代。当時はスイーツがまだ今日ほど普及していませんでした。そんな中、グリコ乳業の開発メンバーが巷のケーキ屋でプリンが大人気であることを知ります。このことから、プリンはスーパーでも人気になると踏み、手軽に手に入れられるプリンの開発が始まります。

とはいえ、カップのプリン自体はすでに存在しています。そこで、従来の商品との差別化を図るため、開発チームは「カラメルの位置」に着目します。ここから、店で食べられるプリンのようにカラメルが上部に乗っていて、かつお皿にあけて食べられるプッチンプリンのアイデアが誕生します。

その後、「プッチン」ができるカップの開発に情熱が注がれます。プラスチックメーカーの協力を得ることから始まり、ツマミの位置の微調整など、数多の試行錯誤を重ね、ついに専用のカップも発明されます!

3、プッチンプリンは進化した!

プルンとお皿に出すための仕掛けができたら、いよいよ店頭に並べ、手に取ってもらうための工夫をしていきます。

まずはお馴染みの3つ入りパック!これは、おやつでプリンが食べたい子どもと、夕飯もしっかり食べてほしいという保護者の両方の要求を満たしてくれる、ちょうどいいサイズ!

プッチンプリン ファミリーパック

しかし、プリンが好きなのは子どもたちだけではありません。大人も大好きな方が多いはず!大人になった今、プリンを心ゆくまでがっつり味わいたいという方必見のプッチンプリンがあります!Bigプッチンプリンです!

Big pぷプッチンプリンプッチンプリン

さらに、豆乳とアーモンド、きび砂糖を使用した植物生まれの優しいプッチンプリンも登場しています!パッケージからも優しさが伝わってきますね(^^♪

植物生まれのプッチンプリン

さらに、いつでもどこでも手軽に食べられる一口サイズのプッチンプリンもあるんです!常温保存もできるそうで、ありがたいですね!カスタード味とミルクショコラ味があります!

ttyちょちょkちょこちょこtちょこttちょこっとちょこっとプッチンプリン

4、まとめ

ここまで、プッチンプリンの基礎知識と仕組み、誕生のきっかけから現在までを見てきました!とっても身近なプッチンプリンですが、見つめなおしてみると奥深いですね!

これから、プッチンプリンを食べるときはより一層味わって食べたくなります(^^♪

参考

「グリコ プッチンプリン開発物語」https://web.pucchin.jp/info/story/ 

「グリコ 商品紹介」https://web.pucchin.jp/info/product/

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2022 All Rights Reserved.