未分類

魔性の女《弱点攻略》最愛の男になる方法


お水の世界、そんな世界にあふれんばかりの『魔性の女』

そんな落としたくなるほどのいい女『魔性の女』

そんな女を一度は、落としてみたいって思ったことはないだろうか?

ホステス経験10年
多くの『魔性の女』を見てきたわたしが伝える魔性の女の落とし方。

ちょっとのコツは『魔性の女』の弱点を知ること。

魔性の女の生態

魔性の女と聞くと、悪女をイメージするかもしれない。

本当の魔性の女は、そんな小手先テクニックを使うだけの小者女ではない。計算し尽くされたぐらいの抜け感と、男をぐっと引きつける魅力を持つ。

ちょっと近寄り難く、それでいて、仲良くなりたいと思わせる女。

誰でも落とせるわけではないからこそ、男性ならば、一度はチャンレンジしてみたい、いい女。

そんな女たちが水商売の世界には、ゴロゴロいて、特にお店のナンバーに入る女性達は、根っからの魔性感漂う女ばかり。

そんな女たちの争いの場、お水の世界で10年活動してきた私がお伝えする。「ちょっとのコツ」で、魔性の女の、心の隙間に入り込む方法。

まず、勘違いしてほしくないのは、魔性の女だからといって、悪女ばかりではないということ。 男をひっかえとっかえしている女ばかりではない。

実は意外と真面目で、純な女である。

魔性の女の特徴

魔性って聞くと、男を手のひらで転がすようなそんな女をイメージするかもしれない。

けれど、本当の魔性の女は、転がそうなんて微塵も思っていない。 勝手に男が転がるのだ。

プレゼントがほしいと言わなくとも、誕生日に高いシャンパンを入れてくれと言わなくとも、男同士が勝手に競い合う。

どうしてもその魔性の女と付き合いたいって思わせてくる女。

そんな女の特徴を上げていこう。

見た目80%

魔性の女と聞くと、絶世の美女を想像するかもしれない。けれど誰もが、太刀打ち出来ないぐらいの、そんな高嶺の花ばかりではない。むしろ、どちらかというと、「もしかしたら、俺でもいけるかも?」と思わせてくる愛嬌のある顔立ちな事も多い。

よく水商売の世界では、めちゃくちゃ美人よりも、ちょっと抜けているぐらいの「美人感」が大事だったりする。

それはまさに、高嶺すぎず、男性にちょっとの努力で「頑張ったらいけるかも?」と思わせるためでもある。

「もしかして俺でも付き合える?」と思わせておいて、なかなか難易度が高い。

いけそうで、いけない。そんな絶妙なラインを演出してくるのも魔性の女の特徴である。

ミステリアス

すべてを曝け出してくれそうで、どこか隠しているようなそんな魅力。

「あなただけよ?」といいつつ、すべて見せるわけではない。ちょっとずつ、小出しに見せてくる。男性はそこにひっかかる。

見せてくれそうで、実はまだまだ知らない。そういうところが男の心をくすぐる。もっと、仲良くなりたいと思わせ上手なのである。

どこか影がある

普段は明るくって盛り上げ上手。

かと思いきや、ふとした時に視線を落とす。

「なにか悩みごとでもあるのかな?」と思わせてくる。そこですかさず、男性になにか「困っていることはない?」と聞かせてくるからすごい。

聞いて来たら魔性の女の本領発揮。「実は…これが困ってる、あれが困ってる、どうしたらいい?」と相談してくる。男性は根っからの解決したい生き物。頼られたら頼られたらぶん、答えたくなってしまう。

強がりでプライドがお高め

強がりで負けず嫌い。

水商売の世界は、売り上げで全てが決まると言っても過言ではない。売り上げがなければ、どんな美人でも意味がない。価値がないと判断される。それはまさに女の戦場なのだ。

特に、魔性の女ほどなると、プライドが高い。「絶対負けたくない!」と思うからこそ、そこに君臨しているわけなのだ。

実は寂しがり屋の依存型

普段強がっている分、「弱さ」って見せづらいもの。けれど、魔性の女ほど、実は寂しがり屋でメンタル弱め。

よく男の影が絶えないと噂されるのは、寂しがり屋な特徴があるから。ちょっとばかし、依存型な部分もある。そんな女だからこそ、1人の愛情では満足出来ず、つい愛情をくれそうな男に依存する。

美人な女ほど、ダメ男にハマるのはそんな特徴があるからかもしれない。

水商売の世界で上位に入る女ほど、ホストにハマる傾向がある。それもどこか、心のよりどころが欲しいからかもしれない。

適度な隙あり

寂しがり屋なところがあるからこそ、時折見せる「隙」がある。それもチラ見せ程度の隙。

恋愛経験豊富な男性は、ここぞとばかりにこの「隙」を狙ってくる。普段、人に気遣い、心遣いを徹底している魔性の女だからこそ、そんな気配り上手な男性に弱い。

魔性の女の落とし方

「落とすのが大変そう…」そうおもってここで引いてしまう男性は多い。だからこそ、ライバルが減って実は、狙い目な魔性の女。

「魔性の女を落としたい」そう思ったらこんなことを心がけたらいい。

清潔感を出す

いくら美人を落としたいからといって、整形級のイケメンである必要はない。逆にイケメンすぎても警戒する。

どちらかというと、女はイケメンに恋をするというよりも、イケメンの風雰囲気に恋をする。 

そこに欠かせないのはやはり、清潔感。綺麗なシワのない服、磨かれた靴。程よい中肉中背。短く切られた爪。実はそんな些細なところが女心をくすぐる。

聞き上手になる

普段話を聞くことが仕事な水商売の女達。 

そんな魔性の女達が本当に好むのは、自分の話に耳を傾けてくれる優しさ。ただ、そばで話を聞いてくれる。それだけで、心って満たされるもの。

弱みを隠しがちな、魔性の女だからこそ、そんな隙間に入って来てくれる男性を好む。だからといって、色々詮索するのはご法度。あくまで、彼女が話したいと言ってきた場合のみ話を聞く姿勢をとってみて。

下心を隠す

「下心がないわけがない」そう思うのは、いろんな男性を見てきたこその魔性の女の考え方。

「この優しさには下心があるのかな?」と思うと、心のシャッターを下ろされてしまう。 

下心は隠しておくのが大事。けれど、むっつりスケベはかなり嫌われるので、さらりと下ネタを言えるぐらいの余裕を持つこと。

お兄ちゃんキャラになる

「いつでもお前の味方」そんな雰囲気をかもしだしておくといい。

魔性の女は天性の魅力があるこそ、周りに敵を作りやすい。特に女ばかりその世界に生きていたら尚のこと。そんな中、誰か1人でも絶対的な味方は欲しいもの。これだけで、他の男性よりも一歩も二歩も近い存在になれます。

よき相談者になる

弱みを見せれないからこそ、ふとした時の弱さを拾ってあげて。

普段強がりの魔性の女。相談があると言ってきたら、絶対に何もアドバイスせず、話を聞いてあげることが大事。男性はどうしても解決思考だからこそ、好きな女性であればあるほど「解決してあげたい」とおもいがち。けれど、女性が求めるのは解決ではないということ。女性が本当に求めるものは「共感」

共感力を身につけた男性は希少価値が高いです。

下手に出ない

 ここまで魔性の女サイドで聞き上手になったり気配り上手になったりしてきたが、あくまで適度にを忘れないこと。

 あまり下手に出すぎると、恋愛対象ではなくなる。あくまで、程よくを大事に。魔性の女はいい男が好き。いい男っていうのは女に媚びすぎず、女心をくすぐる男。下手になりすぎると本気で下に見られるので注意が必要。

弱みを出す

実はここが女は弱い。男性こそ、弱さを出して。

男性たるもの、強く、男らしく。そんな育ち方をしてきている人は多いのではないだろうか。

女に弱さを出さないことが芯のいい男?いやいや、逆です。女って実は、男性の弱さに弱いもの。 

普段出さない弱さに触れたら「私だけに見せてくれるの?」と思ってしまうもの。そう思わせたら半分落としたも同然。いつも弱さを出すとか、急に泣き出すとかは怖いけど、適度に弱音を打ち明ける程度の勇気をもってみて。

魔性の女の付き合い方

ここまで魔性の女の生態についてお話してきました。ここからが本番。

めでたく、魔性の女とお付き合いしたらどうやって付き合っていけばいいでしょうか?

程よい距離感

付き合いたてこそ、距離感は大事。

普段仕事で人と接することが多い魔性の女。だからこそ、休みの時ほど、だらけたいもの。

完璧じゃない姿は最初見せ辛いです。1人で過ごしたい時もあるため、忙しい時に無理に会うのはやめて、余裕のある時に仲を深めていきましょう。

いつでも味方

敵を作りがちだからこそ、1番の味方であってほしい。

どうしても魔性の女は敵を作りがち。作るつもりはなくとも勝手にライバル意識されたり、嫌がらせを受ける事もある。そんなとき、対策を練ってあげるのも一つの手。ただここで、重要なのは決してアドバイスはしないこと。

アドバイスは時に必要でもあるけれど、女性側からしたら、「受け入れてもらえていない」「否定されている」と思いがち。男性側にそんなつもりはなくとも、女性はアドバイスというものを、そう捉える傾向が強い。

アドバイスよりも「いつでも味方」「何があっても守る」そのことだけ伝えて判断は彼女に任せましょう。

満たす

満たされてないと感じるから他のほうにいこうとする。

あわよく付き合えたとして、魔性の女にはそれでも男が周りによってくるもの。油断は大敵。

満たして、満たして、溢れんばかりの愛情を注いであげてください。

あげすぎるとダメだからって出し惜しみは逆効果。

寂しがりやで実はメンタル弱めな魔性の女には、やりすぎぐらいで丁度いい。あげすぎてなんぼ。

愛情表現は惜しみなく、言葉でも時間でも、彼女のために、充分と使ってあげて。そうしてくれていれば、魔性の女はあなたの虜です。

ぶっちゃけトーク

嘘は2人の信頼を壊す。

いろんな男を見てきたからこそ、魔性の女に嘘は通用しません。たまに、カッコ悪いからカッコつけるために嘘を使う男性がいますが、逆効果。

カッコ悪くても正直に本音トークしましょう。本音は2人の信頼関係を築くのに最重要課題と言っても過言ではありません。

カッコ悪さ、弱さ、情けなさほど、彼女に出していきましょう。女はそんな普段は強いのに、「私だけに見せてくれる本音」に弱い生き物なんです。

魔性の女と結婚した場合

魔性の女と結婚したら大変って思いがち。

けれど本当にそうでしょうか?

魔性の女はいろんな男に会ってきました。付き合いの数も一般女性よりも遥かに多いでしょう。その中にはいい男もいれば、悪い男もいます。だらしない男もダメ男も。だからこそ色々見て、あなたを選んだ。それって凄いことじゃないですか?

いろんな魔性の女を見てきましたが、遊んできたぶん、結婚したら一途にいい妻になる女性は多いです。中途半端に遊んできてない、遊び尽くしたからだと彼女たちは言います。「もう、遊んできたし、旦那以外と遊ぶのはめんどくさい」彼女たちはそんな本音をお持ちのよう。

周りから反対されそうな魔性の女との結婚。実はそんなに悪いものではないのかも?

まとめ

いかがだったでしょうか?魔性の女の生態を知ることは出来たでしょうか?

一見、遊んでそうに見える魔性の女ですが、意外と一途だったりするのが、私の見てきた魔性の女達。

一途に見えないのはやはり、男が途絶える事がなく寄ってくるからでしょう。

寂しがり屋な彼女たちだからこそ、「この男性じゃない」と思ったら見切りも早いです。だから周りからは、コロコロ男を変えているようにみえる事は確かですね。

けれど、人生は一回きり。たくさんの方とお付き合いして、それでも「この人がいい」って思うって素敵なことじゃないでしょうか。

そんな選ばれし男性はさぞ、素敵な方なんでしょうね。そんな方と恋に落ちてみたいものです。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2022 All Rights Reserved.