未分類

Mama-ru(ママル)|外人住宅で土鍋ごはん

今日の沖縄は快晴。

絶好のカフェ日和なので、久しぶりに友達とランチへ行くことに。

洋食好きな友達が、土鍋ごはんが食べられる和食カフェがあるという。

ご飯が大好きな私は即決で目的地を決め、車を走らせる。

宜野湾市大謝名の外人住宅街の中にあるカフェMama-ru(ママル)。

外国人住宅というだけでおしゃれ確定。

目の前には駐車スペースもあるが、既にいっぱい。

段取りができる友達が予約していたおかげで、私達は待つことなく入店できた。

後から知ったが、こちらは人気店なので予約をしたほうがいいらしい。

ゆったりできるソファーとセンスあるインテリアに迎えられ気分も上がる。

奥には個室もあり、子ども連れでも来やすそう。

Mama-ru(ママル)/宜野湾市

店内の様子

外人住宅を改装したお洒落なカフェ。

女子会やデートでここに来たら間違いなく喜ばれるだろう。

座敷もあるので、家族で利用したいなら個室を予約するのもいいかも。

テーブル席がメインだけど、ゆったり座れるソファー席とシート席もある。

シート席と言っても、こちらも2人がけソファー席になっているので、おうち感覚でリラックスできそう。

飾られた雑貨も素敵で、観葉植物があちらこちらで目に入るので癒される。

メニュー

6種類の土鍋ごはんが並んでいる。

サラダと季節の煮物、デザートまでついてこの値段は嬉しい。

お子様メニューはカレーのみ。土鍋ごはんが食べたいという子どもなら、親子で注文してシェアするのが良さそう。スタンダードなドリンクメニューもあるが、宇治抹茶ラテが気になる。

ご飯は注文が入って炊くので、15〜20分時間がかかるとのこと。けど、予約していれば時間に合わせてお米を炊いてくれるので、今日は5分程で出てきた。

友よ、予約してくれてありがとう!

ちなみに、ディナーは懐石御膳になるようなので、ランチとはまた違う雰囲気が楽しめるかも。 

いただきます!

海鮮ネギトロの土鍋ごはんを注文。

やってきたのは、まんまるとした可愛い土鍋。

土鍋の蓋を開けた瞬間に、炊き立てご飯のふわぁとした甘い香り。

その後、ごま油の香ばしい匂いがやってくる。

もう待ちきれない!いただきます!!

まずはご飯だけ頂く。少し柔らかめの炊き具合でふっくらしている。

甘くて美味しい。お米は1合くらいあるだろうか。ご飯だけでもボリュームがあり、充分満たされる。

続いて、具材をかき混ぜて一口。シャキシャキと歯応えのある水菜とネギトロのバランスがちょうどいい。副菜の煮物は優しい味で、メインにしてもいいくらい絶品。お味噌汁もついていて、和を感じられる。

そして、Mama-ru最大の魅力は、味が3回変わること!!

1回目は素材の味を楽しむ。

2回目は薬味を乗せて味わう。

3回目は出汁をかけてお茶漬にしてしめる。

飽きることなく食べ進められるので、お箸が止まらない。あっという間に完食。

デザートは白ゴマと豆乳のブランジェ。ごまの濃厚な風味と甘さと食感が何とも言えず、やみつきになりそう。

ヘルシーだけどしっかりと量もあり、満足度はかなり高い。

友達はサーモンとイクラの土鍋ごはんを選択。1番の人気メニューなので、次回はそれにしようと思う。

まとめ

沖縄で炊き立て土鍋ごはんを堪能できる場所があるなんで知らなかった。

気づけば店内は満席で、外には待っている人もいた。

友達同士、カップル、家族で楽しめる土鍋ごはん。

お店は落ちつきがあり雰囲気よし、ご飯も美味しいとなれば人気があるのも納得。

次食べるメニューも決まったし、また近いうちに行きたいな。

ご馳走様でした。

お店の情報

店名:Mama-ru(ママル)

住所:沖縄県宜野湾市大謝名2-1-15

駐車場:有(9台)

URL:詳細はこちら(食べログ)

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.