未分類

フルーツ大福の発祥の地はどこ?今話題の人気フルーツ大福専門店や次に来る大福も!

SNSやメディアなどで連日取り上げられているフルーツ大福。

召し上がったことがある方も多いかと思いますが、意外とその発祥地やルーツについて知っている方は少ないのではないでしょうか。

今回はフルーツ大福の発祥地と歴史、そして今押さえておくべき人気フルーツ大福専門店についてお伝えします!

フルーツ大福とは?

まずフルーツ大福とは何かを簡単におさらいします。

かつて大福といえばもちもちの求肥に、甘い黒あんが包まれた庶民的で素朴なイメージでした。

しかしフルーツ大福はその名の通りフルーツが主役で、旬のフルーツが丸ごと1つ使用されています。

あんこの量は少な目で、どちらかというと白あんを使用されることが多いようです。

そして最大の特徴は切った時に見ることができる、断面のキラキラ感

これまでの素朴なイメージを見事に覆しています。

フルーツ大福のルーツと発祥の地について

フルーツ大福の歴史は意外と浅く、1980年代後半に登場した「いちご大福」から始まっています。

いちご大福発祥の地については諸説あり、はっきりとはわかっていません。

有力な発祥地としては東京新宿の「大角玉屋」、大阪府の「松福堂正一」、三重県の「とらや本家」などと言われています。

人気沸騰中のフルーツ大福専門店!

ここからは人気沸騰中のフルーツ大福専門店を紹介します。

  • かぼちゃあんやあんの代わりに生クリームを使用した、個性的なフルーツ大福が楽しめる京都の「祇をんににぎ 菓実の福

などなど。

いずれも全国各地に店舗があるお店ばかりなので、お住まいの地域でも購入できるかもしれません。

まるで洋菓子のような大福にも注目!

大福と言えば和菓子の代表のうちの1つですが、最近では洋菓子のような「生大福」も注目を集めています。

まるでマシュマロのようなもちもちの求肥で包むのはさまざまなフレーバーの生クリームや、クリームチーズ。

チョコレートだったり、ベリー系だったりケーキのような味わいを楽しめるようです。

あんこを使用した大福とは違って食感が軽そうなので、手軽に食べられる点も魅力的です。

まとめ

この記事では、今話題のフルーツ大福の発祥の地と、人気のフルーツ大福専門店を中心に紹介しました。

もちもちの求肥と上品な甘さのあんこ、そしてみずみずしいフルーツの見事なマッチングで多くの人を魅了しているフルーツ大福。

フルーツ大福はもちろん、生大福も気になった方はぜひ試してみてくださいね!

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2022 All Rights Reserved.