未分類

「ビスコ」はダイエットの味方?それとも大敵?種類ごとに徹底比較!!

ビスコダイエット

みなさんは「おいしくてつよくなる!」でお馴染みのグリコのビスコはお好きでしょうか。

1933年から発売が始まり、90年近くたった今もなお老若男女問わず大人気なビスコ。

お菓子は大好きだけどダイエット中だから…と我慢している方へ向けて!

ビスコは食べても太らないのか?むしろ痩せるのか?

この記事では私の実体験を踏まえ、ビスコについてお伝えしていきます!

ダイエット中はお菓子禁止にしたほうが良い?

結論から言って、全くそんなことはありません×

むしろ運動・食事制限…と我慢ばかりのダイエットはストレスがたまりやすくなります。

暴飲暴食に繋がりやすくなり、もし痩せたとしても一時的で、リバウンドの原因にもなりかねません。

実際に私も砂糖依存症なくらいお菓子・スイーツが大好きの中、ダイエットを決意!

最初は調子良く「甘いもの禁止!」と心に決めていたものの、毎日食べていたものを急に辞めてしまったストレスと寂しさで、三日坊主どころか2日で断念。(意志が弱すぎるのもあるかもしれません…)

しかし、そんな私でも半年たたずに-8kgのダイエットに成功しています!

チョコやグミなどいろんなお菓子を食べていましたが、その中でもビスコは小さい頃から大好きで常に家の中にある状態だったので、食べずにはいられませんでした!(笑)

なぜダイエットにビスコ?

①シンバイオティクス

グリコがホームページでも謳っている「シンバイオティクス」とは、

乳酸菌と食物繊維を一緒に取ることでおなかにアプローチする考え方です。

ダイエットにおける食物繊維は、便秘の解消により、肥満の原因になる脂質の排泄を助けてくれます。

しかし、日本人のほとんどが摂取不足と言われている食物繊維は野菜や海藻類などを意識して取らないといけません…。

それが「手軽に」、「乳酸菌と同時に」取ることで趙宇内環境が整うため、ダイエットに向いてると考えられます。

他にもなかなか取ることのできない「カルシウム」や「ビタミン」も含まれています!

②小分けでの包装になっている

ビスコは小分けの袋に入っているため、大食いを防ぐことができます。

私は、大袋のお菓子を食べる際、「半分だけ!」と決めていても、気付いたら残り少し…。

(お皿に盛ったりすればいいのかもしれませんが、面倒なことが大嫌いな私はお皿1枚洗うのさえも躊躇してしまい…。)

そして、「これだけだし食べてしまおう」と結局食べ過ぎてしまうのがルーティンでした。

しかし、ビスコは小分け袋のため食べ過ぎ防止になります!

③味の種類が多い

ビスコは種類が多く、「しょっぱいものが食べたいとき」「甘いものが食べたいとき」…など、

気分によって楽しめることも利点の一つです。

食べるときの注意点

先程は「ダイエット中でも食べられる!」と述べましたが、食べすぎには注意です!!

1日の摂取カロリーを計算する

私は朝・昼・夜の3食すべての摂取カロリーを把握していました。(めんどくさがりなので大雑把にですが…)

そのため、お菓子を食べすぎてしまったときは、なるべく次のご飯の「カロリーを抑える」ことを徹底しました。

②深夜にお菓子は食べない

本来だったら「18時以降は何も食べてはいけない」などど言われていますが、

私の場合、仕事が夜遅くに終わることが多いため、「深夜じゃなければ食べる」ことにしていました。

22時以降は食べたものが脂肪になりやすいため、その時は200kcalくらいで抑えていました。

夜遅くに家に帰って、「もっと食べたい」欲が出てしまったら、速攻寝ます!

フレーバーごとに栄養成分を比較!

近くのコンビニエンスストアやスーパーマーケットで見つけられた4種類のカロリーや栄養素をご紹介します。

①ビスコ 1箱(5枚×3パック)入り

ビスコ

1パック当たり

カロリー:108kcal

タンパク質:1.2g

脂質:4.9g

炭水化物14.6g(糖質13.9g/食物繊維0.65g)

北海道産のミルクを使ったクリームを使っていて、ほのかに甘く、家族みんな好きなビスコの王道です!

②ビスコ発酵バター仕立て 1箱(5枚×3パック入り)

1パック当たり

カロリー:104kcal

タンパク質:1.4g

脂質:4.9g

炭水化物:13.4g(糖質13.4g/食物繊維0.63g)

バターミルク入りのクリームで作られていて、香ばしいにおいとクリームの優しい甘さが絶妙です!

③ビスコ素材の恵み【大豆ビスケット】みるく&きな粉 1箱(2枚×12パック)

1パック当たり

カロリー:45kcal

タンパク質:0.8g

脂質2.2g

炭水化物:5.5g(糖質4.9g/食物繊維0.60g)

香ばしい大豆のビスケットに、きな粉入りのクリームが挟まり甘さもある上に、大豆が多く使用されているため、タンパク質も他のものより高めになっています!

④ビスコ素材の恵み【全粒粉クラッカー】チェダー&カマンベール 1箱(2枚×12パック入り)

1パック当たり

カロリー:40kcal

タンパク質:0.6g

脂質:1.8g

炭水化物:5.4g(糖質4.7g/食物繊維0.65g)

全粒粉入りのクラッカーを使用していて、他のものより食物繊維が多く配合されています。また、チーズにより塩味が効いているので、しょっぱいものが食べたいときにおすすめです!

ビスコにはこんなにも種類があった!!

他にもビスコには、まだまだ種類があります。

香ばしアーモンド、焼きショコラ、いちご…など甘いフレーバーのものがたくさんあるそうです。

非常食として置いておくことができる保存缶もあるみたいです!

まとめ

上記で述べたように、ダイエット中でもポイントさえおさえることができれば、お菓子を食べても大丈夫です。

特にビスコは食物繊維や乳酸菌などのダイエットの味方をしてくれます。

ダイエット中の方も我慢せずにお菓子を楽しみの一つにしてみてはいかがでしょうか。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.