未分類

【鬼滅の刃】風柱・不死川実弥を徹底解説!

大人気漫画「鬼滅の刃」の作中に出てくる鬼滅隊のトップに君臨する柱。その最強メンバー9人の中の1人である風柱・不死川実弥!

彼の生い立ちや過去について深堀りしていきたいと思います!

プロフィール

  • 誕生日:11月29日 
  • 年齢:21歳
  • 身長:179㎝
  • 体重:75㎏
  • 出身地:東京府 京橋区(現:中央区 京橋)
  • 趣味:カブト虫を育てる
  • 好きな食べ物:おはぎ

鬼滅隊の中で最高位の剣士である「柱」の一人。風の呼吸の使い手で、「風柱」。

”風の呼吸”の使い手!その強さは?

内在する力を極限まで開放する「全集中の呼吸」。その中でも、基本となる5代流派のうちの一つ「風の呼吸」を習得している実弥。

風の力を使い暴風を巻き起こし、相手を切り刻みます。狂暴な性格も相まってかアクロバティックな殺法も得意としていて、痛みへの耐性も強いのでイレギュラーな戦いでもフィジカルの高さを見せつけてくれます。

呼吸法は、壱ノ型から捌(はち)ノ型まで登場していて、全て上弦の壱「黒死牟(こくしぼう)」との戦いにおいて披露されました。

不死川実弥の生まれ

不死川の家族は、七人兄弟でした。父はろくでもない人間でしたが、母は小さな身体で一家を切り盛りしてくれていました。子供たちにも手を出す父から、母は実弥たちを庇ってくれた立派な人でした。

そんな中で、父が死んだ。その時、実弥が玄弥に伝えます。

「家族は俺たちで守ろうこれからは、俺とお前でおふくろと弟たちを守るんだ。

実弥の言葉に、玄弥は「これから”は”じゃなくてこれから”も” だよな」と答えます。

実弥に突き付けられる弟・玄弥の言葉

2人で家族を守っていこうと決心した、すぐ後に悲劇が起きます。

夜が明けようというのに、母がなかなか帰ってきませんでした。長男である実弥が母を探しに外へ出かけましたが戻ってこない。

玄弥が兄弟たちと共に母と兄の帰りを待っていると、不死川家の戸が鳴ります。外へ出ようとする兄弟たちを玄弥が止めようとしましたが、間に合わず何者かに襲われてしまいます。

そんな玄弥を助けたのは、母を探しに行っていた実弥でした。兄弟はみんな何者かに傷つけられた。兄の無事を確認しようと外に出た時、そこにいたのは、最愛の母を殺した実弥でした。

兄弟たちを襲ったのは、鬼になった母だということを知らない玄弥は、兄を罵った。何度も何度も。

実弥の真意

家屋を襲ったのが鬼になった母だと気づき、実弥に酷いことを言ってしまったことを後悔し謝りたかった玄弥。しかし、実弥と久しぶりの再会を果たしたとき、「テメェみたいな愚図、俺の弟じゃねぇよ」と一蹴されてしまいます。それは、玄弥が鬼と関わらない人生を送ってほしいがために、あえて突き放した実弥の真意がありました。

この真意を知らない玄弥は兄になんとか近づこうと、鬼を食べてまで鬼滅隊へ。しかし、無限城で黒死牟(こくしぼう)との戦いで切断されてしまう.....。

そこに実弥が助けに入り、玄弥に対する想いを打ち明けます。母を殺してしまったこと、幸せな生活を玄弥には送ってほしいこと、彼を守るために鬼滅隊に入隊したこと。死の間際に二人は和解する事が出来たのです。 

風柱・不死川実弥になった契機

家族を鬼に殺された恨みから鬼に対して異常な憎悪を抱いており、柱合(ちゅうごう)会議で初めて禰豆子(ねずこ)にあった時も自分の血を見せつけて挑発するなど、鬼の存在を認めようとしませんでした。

鬼への怒りから稀血であることを利用する自己流の戦い方で鬼狩りを始めた実弥。しかし、鬼滅隊隊の粂野匡近との出会いで大きく変わります。彼は匡近と協力して鬼狩りを続けていましたが、ある日匡近は下弦の鬼との戦いで命を落としてしまいました。そのっ法理は実弥の手柄となり、彼は鬼滅隊の柱入りを果たします。

特異体質「稀血」とは

稀血(まれち)とは、その名の通り珍しい血のことで、鬼にとってもとても貴重な血です。珍しい血であるほど栄養価が高く、稀血を持つ人間を一人食べるだけで通常の人間を百人食べたのと同じ力を得ることが出来ます。

鬼は自身の強さに応じて、食べることが出来る人間の数に上限があります。次第に人間を食べられなくなった鬼にとって、稀血を持つ人間は絶好のごちそうということです。※元下弦の陸・響凱との戦いで稀血の存在が初めて語られました(単行本3巻)

そして、黒死牟(こくしぼう)の戦いで、実弥の血は稀血の中でもさらに異端な特性であることが明らかになりました。

凶悪そうな実弥だが礼儀や規律を重んじる一面も

柱となり、産屋敷家へ行く機会が訪れます。

しかし、お館様と対面した際実弥は彼の事を「安全な所から命令している人間」だと思っていました。さらに匡近を失ったにもかかわらず自分だけが柱になってしまったこともあり、挑発的な発言を繰り返します。

どんどんエスカレートする発言に対して、お館様は「ごめんね。」と返答。さらに匡近の遺書を渡され、その想いを知ります。お館様は戦いで死亡した対したち全員の名前をわすれずに覚えていることを知り、お館様への敬意を示すようになりました。

【鬼滅の刃】不死川実弥のまとめ

実弥の生い立ちは、壮絶なものでした。また、アニメのア初登場シーンでは、悪印象を与えましたが、周りを想う気持ちは人一倍強く、誰よりも優しい人です。アニメ1期では登場シーンが少なかったですが、2期以降のアニメではメインキャラとして勝也宇すること間違いなし!今後も、「鬼滅の刃」、「不死川実弥」から目が馳せません!

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.