未分類

ドーナッツに穴が開いている理由

ドーナッツはなぜ穴が開いているのでしょうか?

普段何気なく食べているドーナッツですが、あの穴がふさがっていればもっとたくさんドーナッツを食べられる!と思いますが、どうして穴が開いているのか調べてみました。

ドーナッツは何故穴が開いている?

ドーナッツに穴が開いている理由その1:オランダで食べられていたお菓子

もともとドーナッツはオランダで作られていた食べ物で、その原型が1600年代にアメリカにつたわりドーナッツになったと言われています。

オランダ語で「オリークック(Olykoek)」と呼ばれていたお菓子で、小麦粉と砂糖を合わせて作った生地を酵母で発酵させ、ラードで揚げたボール状のお菓子がその原型とされています。

中央にくるみ(木の実)が乗っていたことから、生地という意味の「ドー(dough)」とくるみ(木の実)の「ナッツ(nut)」をくっつけて「ドーナッツ(dough nut)」言葉が生まれました。

このオリークックはまだ穴が開いていません。

当時はこのオリークックの材料となる砂糖やラードはとても貴重なもので、非常に高級なものとして扱われていて、クリスマスなどの特別な日にのみ各家庭で作られ、お互いに贈り合っていたそうです。

ドーナッツに穴が開いている理由その2しっかり火を通すため

ドーナッツに穴が開いている理由で最も有力なのが、ハンソン・グレゴリー氏。

彼は19世紀にアメリカのハイン州ロックボードで今の形のドーナッツを作ったと言われてています。

もともとはドーナッツは穴がなく、幼少期に彼の母親が作る穴のないドーナッツはいつも中心が生焼けで、火の通りをよくするために穴をあけたという説があります。

そんなドーナッツを発明した彼は、ハイソン州ロックボードで記念碑が建てられているそうです!

ドーナッツに穴が開いている理由その3:操舵輪に引っ掛けるため

ドーナッツの生みの親であるハンソン・グレゴリー氏は船乗りだった。

彼は航海中もいつでも食べられるようにドーナッツの真ん中を穴をあけ、それを操舵輪に引っ掛けていたそうです。

ドーナッツに穴が開いている理由その4:アメリカではクルミがないため

オリークックが作られていたオランダやヨーロッパでは、真ん中にくるみを乗せるのが主流でしたが、アメリカではクルミが入手困難だったため、真ん中に穴をあけるようになったと言われています。

ドーナッツに穴が開いている理由その5:偶然の産物だった

アメリカの先住民であるインディアンの放った矢が偶然小麦粉の生地の真ん中にあたり、空洞になった状態で油で揚げられたという説もあります。

ドーナッツに穴が開いている理由6:ナッツはナットだった?

ドーナッツの「ドー」は生地という意味でしたが、「ナッツ」の部分は木の実の意味ではないというものもあります。

ナッツの部分は「ナット」、ボルトとナットのナットのような形をしているということからドーナッツとなったともいわれています。

このナットの形にした理由も、揚げるときに生焼けを防ぐために考えられたと言われています。

まとめ

ドーナッツに穴が開いている理由をしらべてみましたが、本当なの?!と思ってしまう理由からしっかり火を通るようにするという納得できるような理由まで調べてみたらたくさん出てきました。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.