未分類

相棒シリーズ歴代女将を調べてみました!

主人公の憩いの場『花の里』とは?

相棒は2000年から放送開始されたテレビ朝日・東映制作の有名な刑事ドラマシリーズです。癖のある主人公杉下右京の、行きつけの店が『花の里』という小料理屋で時には歴代の相棒や警察関係者なんかも飲みにつれて行く事もある場所です。

初代女将 宮部たまき(高樹沙耶さん/益戸育江さん)

 初代女将は高樹沙耶さん(現在は女優業を引退し本名の益戸育江に改名)主人公杉下右京の元妻という役柄で癖のある右京さんの数少ない理解者という立ち位置でした。

しかし2011年10月19日放送シーズン10の第1話「贖罪」で突如「お遍路に行きたい。自分の足で世界を見てみたい」と理由を告げ花の里を閉店し、そのまま電撃降板してしまいます。

その後行きつけの店を突然失ってしまった右京さんはスランプに陥ったとか。

相棒】宮部たまき役・高樹沙耶容疑者逮捕 /『相棒』降板の経緯と今年の選挙出馬、テレビ出演の謎: Old Fashioned Club  -オールドファッションド・クラブ-

その後の高樹沙耶さんは2012年10月末に、所属事務所オスカープロモーションとの契約を終了して、芸能界を引退しています。

千葉県南房総から原発事故の影響を恐れ石垣島へ移住してナチュラリストとして活動しているが、同居人の影響からか医療大麻を推進し始め数々の突飛な発言が目立ったり、遂には2017年4月に大麻取締法違反(所持)で逮捕され懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けています。

その他にも同居人の男性が4名いて、そのうち1名の男性とは男女の関係であると公言しているが、その男性は既婚者との事なのでその点も問題視されており芸能会に復帰することはまず無いと思われます。

2代目女将 月本幸子(鈴木杏樹さん)

 2代目は鈴木杏樹さんですが、女将として登場するより以前にシーズン4の19話「ついてない女」で初登場しており、自身の夫を死に追いやられた事を恨み暴力団幹部に復讐を遂げ海外に逃亡しようとする寸前の所で右京らに逮捕されるという役柄でした。

その後シーズン6の11話「ついている女」、12話「狙われた女」で再登場、さらにシーズン10の12話「つきすぎている女」に再々登場。

晴れて出所した後は今までとは一転してついている状況になるも、疑心暗鬼になり特命係を巻き込む大騒動を起こし結局ついている状況からは遠ざかる事になってしまいました。

そんな時右京さんの勧めでなんと、花の里の2代目女将となる事を決意するという流れになるのでありました。

相棒:“ついていない女”鈴木杏樹が2代目女将に 右京行きつけ「花の里」復活 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

シリーズに何度も登場した後、レギュラー入りしたので、歴代相棒の全員と関わりを持っている人物という事になります。

そしてシーズン17にて、悩みや問題を抱える子供達を支える仕事に就きたいという理由で花の里の女将を辞め新たな人生へと旅立ちました。

相棒降板後ですが、不倫問題が発覚してしまっていますね。でももしかしたらまた再登場する事も期待できるかもしれません。

3代目女将 小出茉梨(森口瑤子さん)

花の里が無くなってしまってから心にポカンと穴が開いた様な気持ちになっていた方も多いのではないでしょうか?右京さんの推理力も周囲が心配するほど今一つな感じになり、シーズン18の最終話で甲斐峯秋(石坂浩二)が右京さんの為に花の里に続くような店を見つけてやると言ってつれて行ってくれた店が新しくオープンした家庭料理屋『こてまり』でした。

女将さんは元赤坂の芸者で、小出茉梨(こいでまり)役を女優の森口瑤子さんが演じています。

芸者上がりという事もあってか、芯が強そうで肝っ玉の据わった印象の女将さんで着物姿もとても美しいですね。

相棒の呪いで3代目女将役・森口瑤子のスキャンダル懸念。益戸育江、鈴木杏樹がドラマ出演後にトラブル起こし… |  今日の最新芸能ゴシップニュースサイト|芸トピ

相棒の呪い!?

初代女将は降板後大麻で逮捕された為、大麻女優というレッテルを張られ、2代目女将は不倫騒動を起こしてしまいます。

3代目女将が決定するまで相棒の呪いは大丈夫なのか?と相当危惧されたそうですが森口瑤子さんは主演の水谷豊さんとは別のドラマで長年夫婦役をしていますし、家族ぐるみでの付き合いもある事からキャスティングに快諾したそうです。

シーズン19は既に最終回を迎えてしまいましたが、今後も次のシーズンかSP若しくは映画等でどんな女将になっていくのか楽しみですね。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.