未分類

【マイプロテイン】関税対策たった2つのルール

マイプロテインでは、プロテインなどボディメイクには欠かせないものを安く手に入れることができます。
しかし、その分ネックになるのが関税になります。
ということで、今回はマイプロテインで関税をかけずに購入する方法をお伝えしたいと思います。

関税とはなんなのか?

関税(かんぜい)とは、広義には国境または国内の特定の地域を通過する物品に対して課される税。狭義には国境関税(外部関税)のみを指す。国内関税がほとんどの国で廃止されている現代社会では、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から輸入貨物に対して課される国境関税をいうことが多く、間接消費税に分類される。

引用元:Wikipedia

関税とは簡単に言うと海外の物を、国内に輸入する際にかかる税金になります。

よく、○○協定の関税撤廃などがニュースの題材になります。
それは、海外から入ってくる安い商品に普段は関税をかけ、国内産業の競争相手になりにくくしています。
しかし、関税がかけられなくなると、国内で製造、販売しているものが売れなくなり、国内産業が衰退してしまうので、問題になるのです。

マイプロテインに関税がかかる理由は?

では、なぜマイプロテインで購入すると関税がかかってしまうのでしょうか?

それは、マイプロテインはイギリスの会社であり、海外から輸入する形になるからです。

なので、到着まで少し時間がかかってしまったり、関税がかかってしまうデメリットが発生してしまうのです。
その分、安く購入できるので、少しのデメリットは問題ないです。

しかし、安く購入できるというのが一番のメリットならば出来るだけ、かかる金額は押さえたいものですよね?

実は関税がかからないように、する方法があるんです!!

関税対策2つのルール

関税をかけなくするには、2つのルールがあります。
それを、守っておけば関税はかかりません。

では、さっそく説明していきましょう。

1. 購入金額を15,500円以内にする

輸入関税: チェックアウト時に表示される最終金額には、輸入関税を含んでおりません。商品の合計金額が16,666円以下の場合は課税対象外となり関税は免除されます。ただし、衣料品は金額に関係なく約10%が輸入関税として必要です。(為替レートの変動により16,666円以下でも関税が発生する場合がございます)無料ギフトを含む場合、お支払に影響はありませんが、注文明細上無料ギフト1個あたり手数料が150円程が記載されるため、関税計算の際ご注意下さい。

引用元:MYPROTEIN

マイプロテインのホームページのはこう書かれています。
つまり、基本的には、購入金額が16,666円以下であれば、関税はかからないのです。

しかし、1つ落とし穴があるのです。
それは、引用文にもあるように為替レートです。

為替レートとは、海外の通貨と日本円を交換する比率です。
例えをだすなら、1ドルは108円といった感じです。

今日の16,666円と明日の 16,666円では日本円の価値は一緒ですが、外貨(海外のお金)は価値が同じではないです。

なので、関税がかからないように購入するのであれば、 16,666円とギリギリを責めるのではなく、余裕をもって15,500円くらいに収めておいたほうが良いです。

2.衣料品には注意する

衣料品については、必ず10%がかかるようになっています。
なので、衣料品をマイプロテインで購入する際は注意が必要です。

今マイプロテインでは、スポーツウエア購入をした人に関税代金の返金を行っています。

スポーツウエア関税クレジット返金

2021年4月12日(日本時間午前0時)以降にスポーツウェア商品をご購入いただいたお客様全員を対象に製品の関税代金を全額返金する制度をご用意しております。

・ スポーツウェア購入時にお支払い頂いた関税分のみ返金対象となり、それ以外(アクセサリー類、キャップ、シェイカー、ソックス、アンダーウェアーなど)の商品については対象外です。

・ 返金申し込みは商品到着後30日までに限ります。

・ 製品の使用未使用は問いません。

・ 2021年4月12日(日本時間午前0時)以降にご注文いただいた上記の対象製品のみ返金申し込み頂けます。

・本サイトからご購入された製品のみ対象となります。オークションや個人売買、違法に転売された製品を含め、 https://www.myprotein.jp/以外からのご購入された製品は対象外です。

・返金は、当サイトで使用いただけるクレジットでの返金となり、発行から有効期限3ヶ月間以内で使用のみとなり現金での返金は受付しておりませんので、ご了承ください。クレジットはご本人様のみご使用いただけます。

・ 輸入消費税、通関手数料(立替納税手数料)は返金に含まれませんので、ご了承ください。

・ スポーツウェア製品の誤ったサイズや商品が破損などで交換・返金をご希望される方は「スポーツウェア関税返金」ではなく通常の返品交換としてご連絡ください。

引用元:MYPROTEIN

恐らく、一旦自分で関税代金を払うが、後日返金をしてくれるようです。
なので、スポーツウエアを購入する場合は関税の心配はなさそうです。

しかし、スポーツウエア以外の アクセサリー類、キャップ、ソックス、アンダーウェアーなどは対象外のようなので注意が必要です。

おまけ 総重量は気にしなくてOK

関税には、金額や衣料品以外にも総重量にも気を付けるべきというのを目にしたこともあるかと思います。

しかし、重量を気にしなくてはいけないものは、食品衛生法に該当するものになります。

食品衛生法に該当する商品をマイプロテインでは取り扱いをしていないので、総重量は気にしなくて大丈夫です。

どうしても、気になる方は10kg未満を目安に購入するのがいいかと思います。

まとめ

最後に関税対策の方法をまとめます。

1.金額に気を付ける
2.衣料品に気を付ける

たった、この2つに気を付けていれば関税を取られるということはないでしょう。

皆さんのより良いボディメイクを

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.