未分類

マイプロテイン関税対策方法!!

昨今、コロナの影響で自宅にいる時間が増えたことにより、筋トレを始めた方が多いと思います。

そんな筋トレを始めた方が気になるアイテム、それは「プロテイン」!!

そんなプロテインの中の1つである「マイプロテイン」を購入する際のに気をつけたいのが「関税」です。

セールを狙って安くプロテインを購入したはずなのに、関税で余分なお金を取られてしまっては意味がありません。

この記事ではマイプロテインで注文する時に覚えておくべき3つのルールと関税を回避する方法をお伝えします。

是非、お役立てください!

・マイプロテインとは

イギリスのオンラインの小売業者で、プロテインやビタミン、プロテインスナックなどのスポーツ栄養食品やフィットネスウェアなどを製造および販売している会社

・なぜマイプロテインに関税がかかる理由

マイプロテインはイギリスにある会社、つまり海外から商品を個人輸入する場合は日本の特定商取引法に基づいて税関を通さないと購入できない。

その税関での検査する際における費用として関税がかけられている。

・マイプロテインの関税対策の仕方

結論:関税を0にする方法はあります。

その方法として、下記の3つを踏まえたうえで購入するのが現状最も楽な方法です。

  • 1回の注文で合計額を16,666円以内にする(15,500円ぐらいを目安にすると安全)
  • たくさん注文したいときには注文を分ける 重要
  • アパレル商品は金額に関わらず10%の関税がかかる

・「1回の注文で合計額を16,666円以内にする」ことの根拠

海外商品を個人輸入の場合、1回の注文で購入できる金額は法律で定められています

これについて財務省関税局のホームページから文言を引用すると..........

課税価格の合計額が1万円以下の物品の輸入については、その関税及び消費税が免税されます。

引用:課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について (1006東京税関版)

と記載されています。

上記のルールにつきまして、お酒やたばこなどの一部の例外もありますが、プロテインやサプリメントであれば適用されます。

ちなみに「パンフレット:個人輸入 通関案内」には課税価格の計算方法として、「ご自身の個人的使用の目的で輸入する貨物の課税価格は、海外小売価格に0.6を掛けた金額となります。」と記載されています。

これは「販売価格に0.6を掛けた金額が1万円を超えると課税対象となる」という意味なので、間違えないでください。

目安がなぜ15,500円なのかと言うと「為替変動」による関税対策とマイプロテインの無料ギフトが貰えるラインが15,500円であることが多いからです。

*「為替変動」とは資金の動きより起こる通貨の金銭的価値の変動のこと

・たくさん購入したいときは「注文を分ける」という方法が効果的です

大型セールなどでまとめ買いをしたい時もあるかと思います。

その場合は「注文を分ける」という方法が効果的です。

例えば25,000円分の商品を注文したいと思った時には…

  • 注文1:15,500円分の商品を注文する
  • 注文2:9,500円分の商品を注文する

といった具合に分けて注文します。

この方法であれば、それぞれの注文が別々注文とみなされて関税を支払わずに済みます。

ただ....同一商品を大量に注文する際には注意が必要です。

大型セールなどで同一商品を複数の注文で購入した場合、税関の検査で「同一注文」と判断されることがあります。

そうなると関税無料ラインを大きく超える結果となり、高い金額の関税を請求されます。

このような場合もあるということを覚えておくと良いと思います。

・関税対策をしなかった場合

・1回の注文で16,666円を超えてしまった場合、関税や消費税が免除されなくなってしまうので余分にお金を払う必要が出てきます。

・「為替変動」考慮して関税対策をしなかった場合、商品を購入時は16,666円以内だったはずが日本に到着時には為替の変動により16,666円を超えてしまい、関税や消費税の免除対象外になり余計にお金を払うことになる。

・注文を分けず大量購入した場合、関税無料のラインを大幅に超過し、高額の関税や消費税が請求される。

まとめ

結論:マイプロテインで注文をする時には「注文金額」さえ気をつければ大丈夫です。

ルールを知らないことで関税を払うことになるは勿体ないので、何事も注意事項などはしっかり読んで関税対策をすることが重要です。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.