未分類

キットカットが小さくなった?!  ー今と昔ー

キットカットといえば、「Hava a break,   hava a KITKAT.」でおなじみの有名なお菓子です。

子供から大人まで、幅広い世代に愛されている商品ですね。

ロングセラー商品となっているキットカット、発売当初より小さくなっていることをご存知でしょうか?

ここでは、その理由や変更点をまとめてみました。

キットカットの誕生

 1935年イギリスで生まれ、1973年に日本に上陸しました。

 そして、1988年、「ネスレ」キットカットが誕生しました。

その後、様々な形状やフレーバーが誕生し、幅広く愛される商品へと成長。

2000年代には、受験生応援のイメージが強くなり、大切な人へのコミュニケーションツールとして親しまれるようになりました。

なぜ、小さくなった?

 ネスレ日本株式会社によると、消費者から「砂糖の摂取を抑えたい。」「カロリーが気になる。」といった声を受けた結果ということでした。

 また、日本人は小分けされた一口サイズを好む傾向があり、小さくなったと考えられます。

 ちなみに発売当初は、4本が束になっている「4フィンガー」でした。

実際、どのくらい小さくなった?

 では、実際どのくらい小さくなったのか、比較してみましょう。

まず、重量は11.6gから9.9gに、カロリーは64kcalから54kcalになりました。

さらに、長さは縦2.8㎝、横は4.5㎝から3.8㎝に変わっています。

数字で見ると、わずかに小さくなったと言えるでしょう。

 2011年には、ポケットタイプの中身がオリジナルサイズ2個からミニサイズ3個に変更されています。

パッケージにも、誤開封を防ぐための改良が行われています。

味は変わらない?

 「おいしさそのまま」というフレーズがありますが、実際はどうなのでしょうか。

  「砂糖の摂取を控えたい」という声を受け、砂糖を10%減らしました。

 さらに、砂糖の一部に、「おからパウダー」「全粉乳」が使用されています。

このような企業努力によって、変わらぬ美味しさを守っていました。

まとめ

 いかがでしたか?

  このように改良されたキットカット。

 お客様の反応は様々で、小さくなって残念という声も少なくありません。

 しかし、随所に企業努力がみられる結果となりました。

  今では、ご当地フレーバーも開発され、ますます人気が高まっています。

 みなさん、勉強やお仕事の合間に、キットカットをオススメします!

 

 

 

 

 

 

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.