未分類

ロッテのチョコパイは小さくなった?真相にせまる!

ロッテのチョコパイと言えば、誰もが知っているケーキ生地にクリームを挟んだものに、さらに丸ごとチョコレートでコーティングしているみんな大好きなおやつ!しかし、そんな不動の愛され商品であるロッテのチョコパイにも不穏な噂が・・・。それは、「ロッテのチョコパイ、昔に比べて小さくなった!」という声!

この記事では「実際のところ本当に小さくなったの?」という疑問の真相にせまります!また、記事の後半には、大きなチョコパイを食べられる裏技もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

それでは本題の前に、ロッテのチョコパイはいつから小さくなったのかを解明するためにも、チョコパイの歴史から振り返っていきましょう。

ロッテのチョコパイの歴史

ロッテのチョコパイは1983年に発売されてから、2021年の現在まで実に38年もの長い間愛され続けているロングベストセラー商品です。

それまで、“高級品”の位置づけにあったケーキを「手軽にいつでも食べられるように」とのコンセプトから生まれています。ロッテのチョコパイの前には、マシュマロをビスケットで挟んだものをチョコレートでコーティングした森永のエンゼルパイが販売されていました。しかし、“スポンジ”“クリーム”といったケーキ要素のあるお菓子はロッテのチョコパイが初めて!ビスケット市場に“半生ケーキ”といったカテゴリーを確立させたパイオニア的な商品です。

本当に小さくなった?

では、さっそく本題「チョコパイは小さくなったのか?」について。

答えは「イエス」!!!

発売当初の商品情報を見つけることはできませんでしたが、調べたかぎり2000年から現在までに商品内容量は減っています。

2000年から2021年までの変遷を参考にした記事はこちらhttps://neage.jp/syokuhin/kashi/lotte_chocopie.html

この記事によると、チョコパイ1個において2000年の内容量33gに対して2021年現在の内容量は31gとのこと。約20年の間に2g減っていることになります。

実際には、2012年に33g→32gの1g減。2019年に32g→31gとそれぞれの変更時点では1gずつしか減っていませんでした。

2000年から2021年までに2g減

ここでみなさんの中には「えっ?2gだけ?」「もっと小さくなったように感じるんだけど・・・。」と感じた方も多いはず。

一般的に多い意見としては、ロッテのチョコパイが38年もの愛され商品だからこそ、多くの人が幼いころに食べた記憶をもとに現在の大きさを比較しているので、体が小さかったからチョコパイを大きく感じられていたというものです。

それにくわえて筆者の見解としては、2012年のリニューアルによって、内容量に大きな減少はないものの、見た目に小さくなった印象を与える結果になってしまったのではないかと思います。実際、2012年のリニューアル時に商品比較された写真で明らかな変化が見られました。断面図をよく見てみると、旧商品ではスポンジ生地に空気の層が多く高さがあるのに対して、リニューアル版ではスポンジのキメが細かくなり、ギュッと詰まっている分、薄くなったように見える=小さくなったようにみえるのです。

このことから、多くの人が「小さくなった」と感じていることについて、内容量の減少よりも、商品改良の結果見た目が小さくなってしまったことが大きく影響を与えているのではないでしょうか。

2012年の新旧比較で参考にした記事はこちらhttp://hasshin.livedoor.biz/archives/52026529.html

期間限定の量は?

さて、ロッテのチョコパイは期間限定で様々な味が出されていますよね。“期間限定”についつい買ってしまう人も多いはず!

通常の味と異なる味が出る際には、内容量は少なくなっているお菓子もありますが、ロッテのチョコパイについては期間限定商品についても内容量は変わらないので、お得感がありますね!

大きなチョコパイを食べるには?

約20年の時を経て小さくなったチョコパイ。しかし、大人になっても子どものときに食べたような大きなチョコパイに出会える機会があることをしっていましたか?

2020年イトーヨーカドー限定で重量約9倍の販売で “大きくなったチョコパイ”が販売されました。また、同じく2020年公式オンラインショップ限定で冬のチョコパイ10周年を記念して通常サイズより重量約13倍のチョコパイが販売されました。

いずれも限られたお店や数量での販売にはなりますが、チョコパイ好きにはたまらない機会ですね!

まとめ

1.ロッテのチョコパイは約20年の間に内容量2g減。

2.商品改良の中で、内容量だけでなく、見た目にも変化があった。

3.通常のチョコパイと季節限定商品の内容量は同じ。

4.大きなチョコパイを食べられる機会もある!

いかがでしたか?チョコパイが小さくなっていることが話題になるのも38年ものベストセラー商品だからこそかもしれませんね。これからもチョコパイはみんなの“おくちの恋人”でいることでしょう。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.