未分類

カップヌードルの誕生

今では当たり前のカップヌードル。

当時はインスタント食品という物はなく、日清食品があのおなじみの「チキンラーメン」を販売することから始まったのです。

そこからインスタントラーメンは大ブーム!多くのメーカーが市場参入に図り一挙に360社にもなったと言われてます。これぞ第一期黄金時代の始まりです!!

その後も沢山のメーカーの価格競争や商品開発競争が繰り広げられ、インスタントラーメンは大きく成長していきました。

そうして13年後、袋の麵から新たに登場したのがカップ麺、

その名も「カップヌードル」です。

カップヌードルの開発のきっかけはアメリカのスーパーの社員がチキンラーメンを小さく割り、紙コップに入れてお湯を注いでフォークで食べている姿を見てからだそうです。

至って単純ですね笑

そんな小さなことから開発が始まったカップヌードル。アイディア満載で凄いんです!

まず容器には、パッケージ、調理器具、食器と三役をこなす優れものです。

カップヌードルの商品開発はまず容器を作ることから始まりました。

そこからフタ、麵、具の工夫と、全てにこだわっております。

当時は発砲スチロールを使ったものと言えば魚のトロ箱ぐらいだったそう、そこからカップ麺の容器にしようだなんて、凄くないですか!?

今では当たり前のことを作り出した、安藤百福さん、カップ麺のスターです!

良いものを作ろうとする人の思いはこうして何年経とうが大切にされ歴史を刻みいつまでも受け継がれると感じました。

そして意外にも、人気が出た理由が、自動販売機で販売したところを若者を中心に人気を集めブームとなったそうです。

やはり今も昔も若者の影響力は凄いですね笑

これからも多くの人にカップヌードルを食べていただき、百福さんの思いが届くことを願います。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.