未分類

マイプロテインの関税対策  その仕組みと回避する方法3選!

外出自粛やテレワークの推奨による運動不足を解消するために自宅トレーニングやジムに 通いはじめ「マイプロテイン」に興味を持ち始めた人が増えていると思います。

その一方で、こんな不安を抱えてはいないでしょうか??

「マイプロテインはお得だけど、海外メーカーだから関税が心配…」

「どうすれば関税を払わずに済むの??」

「お得にマイプロテインを利用するためにはどうしたらいい?」

実は私も自粛期間からマイプロテインの飲み始めたので              最初はすごく不安でした…

この記事では、そんな不安を解消するために

マイプロテインの関税対策の具体的な方法

関税を回避してお得に購入する2つの注文方法をお伝えします!

是非、活用してください!

1.結論:マイプロテインの関税対策 3選!          

忙しく時間のない人のために、この記事の結論からお伝えします。         マイプロテインの関税対策では以下の3つのポイントを抑えましょう。

  • 1回の注文で16,666円を超えてしまうと100%関税がかかります
  • おすすめの購入方法【ギリ15,500円注文】or【分割注文】
  • アパレル商品は合計金額と関係なく10%の関税がかかります

この3つのポイントを覚えておけば関税はかかりません。

また、その他の注意点として

  • 注文した商品の重量は関税には関係ない
  • 無料ギフトは実質有料【個数×150円】
  • 関税がかかるとプロテイン2kg分損します(1500~3000円)

商品の重さは関係ないので1度する注文の合計金額に注意してください。

きっとみなさんも                                「プロテインにはできるだけお金をかけたくない」                  と思いマイプロテインの購入を考えていると思います。

みなさんも関税(無駄なお金)を払わないように気をつけてください!

2. 一度の注文で合計金額16,666円以上がダメな理由 ⚠

結論で「1度の注文で16,666円を超えると100%関税対象です。」               とお伝えしましたが                             

「超えてしまうとなんで関税がかかるの?」

「なんでそんな中途半端な金額なの?」

と思った方もいるのではないでしょうか?

実は、日本の個人輸入に関する法律で                         1度に購入する個人輸入の合計金額が10,000円を超えると課税対象            つまり「関税」を払うことになる。という仕組みになっていますhttps://www.customs.go.jp/tokyo/zei/i_sodan1_7.htm

また、その個人輸入の課税価格の計算方法は

注文の合計金額 × 0.6 1万円以上 の場合 “課税対象”  

となっています。  

今回のマイプロテインの例に当てはめると 

16,666円 × 0.6 = 9999.6円     となりギリギリ1万円を超えないため非課税というわけです(笑)       

*ちなみに 16,667円 × 0.6 = 10000.2円 となり、たった1円ですが課税対象となります。

だから、 1度の注文で合計金額を16,666円を超えていけないのです。

まとめると以下の通りです。

  • 個人輸入に関する日本の法律                         「個人輸入の合計金額が1万円を超えると課税対象」が原因
  • その計算方法は【合計金額】×【0.6】=1万円以上の場合 課税対象

3.関税対策の落とし穴「為替変動」に気をつけよう!

日本の個人輸入に関する課税(関税)の仕組みは                   十分にご理解いただけたらと思います。

しかし、関税対策の落とし穴はもう1つあります。

それが、ポンド(イギリス)と円(日本)の”為替変動です。

例えば、日本円で16,000円分のマイプロテインを購入し              購入した日は 1ポンド=140円 だった場合

16,000 ÷ 140 = 114ポンド となります。(購入時点)

しかし、最終的には日本到着時のレートが適応されてしまいます。

① 為替変動によりレートが上昇した場合【1ポンド=150円】

114(購入時のポンド)×150=17,100円 (16,666円を超え課税対象)                  

② 為替変動によるレートの変動がなかった場合【1ポンド=140円】

114(購入時のポンド)×140=15,960円 (16,666円以内で非課税

そのため、16,666円ぎりぎりで購入することはオススメしません。

まとめると以下の通りです

  •  購入時から日本到着時までのレートの変化 「為替変動」 に注意しよう
  • 【購入時(ポンド)】×【日本到着時(1ポンド=○○円)】            = 16,666円を超える場合に関税が発生する

4.最安プロテインを最もお得に利用する             「ピッタリ注文」と「分割注文」とは?

「個人輸入の法律」「為替変動」の仕組みとリスクはご理解いただけたと思いますので

最後に、「マイプロテイン」をお得に利用する方法を2つ紹介します。

①「ピッタリ注文」

マイプロテインでは1度の合計金額に応じて無料ギフトというものがあり       11,000円以上で1つ、15,500円で2つのギフトが選べるようになります。

「このお得なサービスを利用しつつ、関税は避けたい…」

これを実現するのが「ピッタリ注文」です。

つまり、15,500円をちょっと超えるまでに抑えるという方法です。

②「分割注文」

15,500円で抑える「ピッタリ注文」を聞いて

「15,500円分じゃ足りない、もっと買いたい!」

「大型セールでまとめ買いしたい!!」

というヘビーユーザーさんのためにオススメなのが「分割注文」です。

その方法は以下の通りです。

①合計金額を15,500円以内に抑え、1度カートに入れて注文。              ②つぎに、別のカートで同じように購入する。

それではオススメの2つの注文方法をまとめます

  1. 「ピッタリ注文」とは15,500円ぎりぎりで抑えて注文する方法
  2. 「分割注文」とは15,500円以内に抑え、注文を2回に分ける方法   

どちらの方法も「個人輸入の法律」と「為替変動」をクリアし              関税を回避できるのでぜひ活用してください!

5.その他、関税対策の注意点

基本的には、「個人輸入の法律」と「為替変動」をクリアしていれば関税はかかりません。               

 しかし、以下の点にも注意が必要です。                           

  1. 関税がかかる条件に荷物の重量は関係ありません。
  2. アパレル商品は金額に関係なく関税対象
  3. 無料ギフトは【個数×150円】かかる。

特に、アパレル商品は合計金額に関係なく関税対象になってしまうため            注意が必要です。

これは、日本の輸入貨物に関する法律で衣類は10%の関税がかかることが決まっています。

そして、関税が発生した場合、どうなってしまうのか説明します。

  1. お金は配達業者に着払い
  2. その内訳は関税、消費税・地方消費税、通関料
  3. 金額は為替変動により変化し、1500~3000円

3,000円もあれば、プロテイン2㎏(セール時)買えちゃいますから…

ムダな関税を払うことは絶対に避けていただきたいと思います!

5.【復習】マイプロテインの関税対策 3選

 記事が長くなってしまったので今回の記事の内容をまとめます。

  1. 回の注文で16,666円を超えてしまうと100%関税がかかります
  2. 関税を回避するの注文方法【ギリ15,500円注文】or【分割注文】
  3. アパレル商品は無条件に10%の関税がかかります。

関税対策は以上の3つに気を付けてください!

また、その他の注意点として

  1. 注文した商品の重量は関税には関係ない。
  2. 無料ギフトは実質有料【個数×150円】
  3. 関税がかかるとプロテイン2㎏分損します。(1500~3000円

商品の重さは関係ないので1度する注文の合計金額に注意してください。

きっとみなさんは  

「プロテインにはできるだけお金をかけたくない」

と思い、マイプロテインの購入を考えていると思います。

関税対策をしっかりと理解し、ムダなお金を払わないように気をつけましょう!

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.