未分類

マイプロテインの保存方法とは?専用の容器はある?安心できる保存方法を紹介。

マイプロテインというと、その名前の通り、プロテインのブランド、とイメージする方が多いのではないでしょうか?プロテイン類やサプリメントが大変充実していると評判で、日本でもフィットネス愛好者を中心に大変人気のブランドです。今回は、そんなマイプロテインブランドの保存方法について解説していきます。

マイプロテインとは

マイプロテインは、種類豊富なプロテインやサプリメント、トレーニングウェアを販売している、ヨーロッパ発のスポーツブランドです。

日本に初めて上陸したのは、2018年のことです。当時日本のフィットネス人口は全人口の3%程度と言われており、比較的フィットネスが盛んなヨーロッパ(13%程度)と比べるとその違いが歴然です。そこに目をつけたのが、マイプロテインブランドを展開するハットグループ社で、ヨーロッパの先進技術を日本に普及させることを目的として本格参入することになりました。

マイプロテインブランドの特徴は、商品の種類が他ブランドの追随を許さないほど豊富に揃っている点が挙げられます。商品の分野を分けるとすると「プロテイン・サプリメント類」「スナック類」「ウェア」になります。特にプロテインは、日本人向けに開発された商品が多く、軽く10種類を超える味を選べるので、飽きがありません。また、格安ながら高品質を約束されているので、大変コストパフォーマンスに優れます。定期的に訪れるセール期間に合わせて買うと大変お得に購入することが可能です。

マイプロテインは海外製品ということもあり、食品の安全性を疑う方もいらっしゃると思いますが、英国小売協会で食品安全性AAグレードの高評価を受けており、信頼性も問題ないです。

マイプロテインのおすすめの保存方法

次に、マイプロテインをより安全に保存する方法を解説します。今回は一般的な粉タイプのプロテイン類に限定して紹介します。

まず、プロテインはタンパク質を主成分としていますが、わずかながら糖質や資質が含まれています。なので、人間はもとより、他の生物にも絶好の栄養源となっています。特に、プロテインにはダニが湧きやすいと言われており、実際、長期間袋のまま保存していたプロテインからダニが湧く事例は多いです。直接健康被害はないことが多いものの、気分が悪いものなので、その場合は即処分することが望ましいでしょう。

そうならないためにも、害虫から守る方法がいくつかあります。

1、高温多湿を避ける。

高温多湿は害虫にとって絶好の環境です。特に夏場は注意が必要です。専用の保存棚を用意しても良いですし、冷蔵庫での保存も効果的です。ただし、1度でも冷蔵庫にて保存した場合は常温に戻しての保存は厳禁です。袋内で結露が発生し、水分を含んでしまいます。商品が傷む原因になりかねないので、絶対にやめましょう。

2、乾燥剤を入れて保存する。

市販の乾燥剤を入れておくのも良い方法です。身近に売っているし、100円ショップのものでも効果的です。当然ですが、1度使ったものを、再利用せずにまた新しいものを使いましょう。

3、専用の密封保存容器に移し替える

プロテインが入っている袋もある程度の保存が効くようにはなっていますが、繰り返し開け閉めすることで、チャックが緩んだり隙間が空いて空気の侵入を許す原因になります。それを防ぐために容器に移し替えることも有効です。

容器は500円〜1000円くらいの手頃なものから、数千円クラスの密閉性に優れたものまでさまざまです。100円ショップのものも充実しているので、自分にあったものを選びましょう。

マイプロテインでは、小分けタイプの容器もあるので、そちらもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?今回は日本でも大人気のスポーツブランド、マイプロテインの保存方法について紹介しました。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.