未分類

【鬼滅の刃】15巻のネタバレ、あらすじ。感想と考察

導入文

炭治郎たち鬼殺隊と、上弦の肆(四)との戦いも終盤となりました。

上弦の肆の半天狗の能力に、炭治郎たちはずっと混乱していました。

しかし、だんだんとわかってくる、上弦の肆の半天狗の能力。

炭治郎、禰豆子、玄弥たちは翻弄されつつも敵の能力の正体を暴きます。

そして上弦の肆の半天狗を倒した時、何が起こるのでしょうか!?

太陽が顔を出す。

その時、炭治郎が下した判断は!?

太陽の光を浴びた禰豆子は!?

この戦いによって、鬼殺隊に起こることは一体……!?

そして柱合会議が開かれますが、産屋敷家の当主が出てこない!?

産屋敷家当主の産屋敷輝哉に一体何が!?

産屋敷輝哉の代理を務めた産屋敷あまねは何を語るのか!?

目次

・【鬼滅の刃】15巻のネタバレ、あらすじ。

   ◦第125話【迫る夜明け】

   ◦第126話【彼は誰時・朝ぼらけ】

 ・【鬼滅の刃】15巻を読んだ感想と考察

 ・まとめ

【鬼滅の刃】15巻のネタバレ、あらすじ

前回までのストーリー

激しい上弦の肆と伍との戦いが繰り広げられます。

中でも時透無一郎に大きな変化が現れます。

それは、心優しき炭治郎やほかの仲間とのやり取りを思い出したからです。

そこで無一郎は自分の過去を思い出します。

そして、一方、炭治郎たちはというと、上弦の肆を倒そうと躍起になっています。

15巻のみどころ

 ・上弦の肆を倒せるか?

 ・太陽の光を浴びた禰豆子の変化

 ・鬼舞辻無惨の思惑

 ・柱合会議での騒動

第125話【迫る夜明け】

あらすじ

夜明けが近づく中、激闘を駆け巡る炭治郎たち鬼殺隊。

恋柱の甘露寺は女性であるが故に体力は少ないと考えられます。

太陽が出現すれば、上弦の鬼は一目散に逃げてしまいます。

せっかくここまで追い詰めたのです。

「絶対に逃がさない!」

「ここで必ず首を落とす!」

炭治郎たち鬼殺隊は命を賭けて刀を振るいます。

炭治郎も今まで教わったことを糧に、上弦の肆を追い詰めていきます。

爆発的な成長を見せる、炭治郎。

ですが、上弦の肆の半天狗は逃げようと画策します。

半天狗も反撃をし、苦しい戦いが続きます。

玄弥も木を引き抜くといった火事場の馬鹿力をみせます。

それでも、逃げようとする半天狗。

日輪刀が手元にない、炭治郎。

そこへ新しい日輪刀を投げて渡すのは、上弦の伍を討ち果たした時透無一郎です。

「使え!」

炭治郎は新しい日輪刀を握ります。

そしてありったけの力を込めて、みんなの期待に応えるかのように日輪刀を振るいます。

そして半天狗の首は落とされるのです。

第126話【彼は誰時・朝ぼらけ】

鬼の、上弦の肆の半天狗の首が、ついに落とされました。

夜が明けようとしています。

炭治郎は半天狗の最期を見届ける前に、妹の禰豆子に駆け寄ります。

鬼である禰豆子は、ほかの鬼と同じように太陽の光を浴びると消滅してしまいます。

禰豆子のいるそこは、隠れる場所がありません。

このままでは禰豆子が太陽の光によって消滅してしまいます。

何とかしようとしますが、炭治郎にはどうすることもできません。

そこで炭治郎は気づきます。

炭治郎が切り落としたのは、半天狗の首ではなく半天狗の分身の首だったのです。

まだ生きている上弦の肆の半天狗は、逃げ遅れた人に襲いかかります。

「くそ! あ、でも禰豆子、禰豆子が!」

半天狗を追うべきか。

禰豆子を守るか。

究極の選択に、炭治郎は戸惑い焦ります。

その背中を押したのは、朝日に焼かれながらも笑顔の禰豆子でした。

炭治郎は腹をくくり、半天狗を追いかけます。

そして炭治郎は自慢の嗅覚で、半天狗の本体の位置を嗅ぎ分けます。

「償え! その命をもって!」

炭治郎は叫び、半天狗に訴えます。

その時半天狗の中では、半天狗が人間だった頃の記憶が走馬燈のように駆け巡ります。

そして、半天狗を倒しました。

「ね、禰豆子お……!」

犠牲になった妹を思い、振り返る炭治郎。

そこには、朝日を浴びても消滅していない禰豆子がいました。

「お、お、お、おはよう」

【鬼滅の刃】15巻を読んだ感想と考察

正直言って、どきどきしながら読んでいました。

特にハラハラしたのは、禰豆子という妹を取るか、半天狗を倒すという鬼殺隊の使命を取るか。

炭治郎はどちらを取るのか、そこに集中してしまいました。

なかなか判断がつかない炭治郎の背中を押したのは、ほかでもない禰豆子でした。

衝撃です。

自分の命がかかっているのに、朝日に焼かれながらも兄の背中を押せるのは、並大抵のことではありません。

それによって本分を思い出す炭治郎にも、思わず涙をこぼしそうになりました。

そして半天狗を倒した後の、禰豆子の言葉が嬉しかったです。

それだけで感動です。

その後の柱合会議でも、無一郎の正確な分析によって、柱たち直々の訓練が行われます。

ここは正直、笑ってしまいました。

思うに、人間もこうやって、誰かに背中を押されて前に進むものだと思います。

そこに犠牲があったとしても。

もちろん、命を落とすだけが犠牲ではありませんがそれでも、「犠牲」というものは甘くありません。

鬼滅の刃が訴える言動は、本当に勉強になります。

だってそこには、人間の本性と理想が描かれているような気がするからです。

誰かが背中を押してくれる。

それはとても幸せなことで、みんながみんな同じ体験をできるわけではありません。

炭治郎が羨ましいと、つい思いました。

まとめ

半天狗を倒し、ついに太陽を攻略した禰豆子。

今後、禰豆子がどうなるのか心配ですね。

禰豆子を巡って、戦いが過熱するのでしょうか?

その予感がしたからこそ、柱合会議にて、柱たちによる特訓の案が出たのだと思います。

今後の巻も、ますます目が離せませんね!

何よりも、今まで顔や名前しか出てこなかった人物も出るのでしょうか?

病に侵された産屋敷輝哉はどうなるのか?

鬼殺隊のメンバーは?

誰が鬼舞辻無惨を討ち果たすのか!?

めくるめく予想と予感。

次の巻は?

巻末の予告ではどんな言葉が載せられている?

鬼舞辻無惨はどうなる?

その時、炭治郎と禰豆子にどんな結末が?

ほかの鬼殺隊のメンバーにはどんな決着が?

謎が謎を呼ぶ、今巻のキーワードはもちろん「禰豆子」でしょう!

さあ、次の巻を買いに行こう!

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.