未分類

「パイの実」のパッケージにまつわる歴史とは?

発売から昨年で40周年を迎え、今もなお老若男女に愛されるお菓子「パイの実」。

今日はそんなパイの実のパッケージの歴史についてご紹介していこうと思います。

1️⃣ 発売当初のパッケージ

2️⃣何故このようなパッケージに?

3️⃣フレーバーの多様化に伴うパッケージの増加

1️⃣発売当初のパッケージ

パイの実が発売開始されたのは今から約40年前の1979年。当時はパイとは高価なお菓子で主に洋菓子店で販売されていました。そんななか、パイを安価でたくさんの人に届けられないかとういことで開発されたのがパイの実だったのです。

さて、本題の初代パッケージを見てみましょう!

これがパイの実の初代パッケージです!

「今と余り変わらない…?」と思われるかもしれませんが、よ~く見てみると、リスの位置が変わっていたり、絵全体のタッチも異なることが見て分かります。

2️⃣何故このようなパッケージに?

パイの実のパッケージには実はある思いが込められていたのです。

パイの実が焼き上がった時、「パンノキ」という植物にそっくりで、それを見た人が「パイの実の木」→「パイの実ができる」→「パイの実がたくさんできる」→「沢山の夢ができる」→「沢山の夢を届けられる」

このように消費者の夢と希望を願う思いがパッケージに込められていたのです。

3️⃣フレーバーの多様化によるパッケージの増加

パイの実がスナック菓子として一般化した2000年代初頭。最初に発売された新しいフレーバーはいちご味でした。

リスに加えてウサギが絵に描かれています。全体的に可愛らしい印象を与える為、取り入れたそうです。

続いて、こちらはコメだ珈琲とのコラボパッケージ。毎度お馴染みのリス達がメイドに扮した様子が描かれています。

いかがでしたか?パイの実のパッケージにどのような思いが込められていたのか知らない方は多いのではないのでしょうか?一度知り合いに教えてみても面白いかもしれません。また、パッケージは紹介したものより多くの種類があります。不思議な味だったり、様々な企業とコラボしたフレーバーのパッケージがあるので一度調べてみても面白いかもしれません。

発売から昨年で40周年を迎え、今もなお老若男女に愛されるお菓子「パイの実」。

今日はそんなパイの実のパッケージの歴史についてご紹介していこうと思います。

1️⃣ 発売当初のパッケージ

2️⃣何故このようなパッケージに?

3️⃣フレーバーの多様化に伴うパッケージの増加

1️⃣発売当初のパッケージ

パイの実が発売開始されたのは今から約40年前の1979年。当時はパイとは高価なお菓子で主に洋菓子店で販売されていました。そんななか、パイを安価でたくさんの人に届けられないかとういことで開発されたのがパイの実だったのです。

さて、本題の初代パッケージを見てみましょう!

これがパイの実の初代パッケージです!

「今と余り変わらない…?」と思われるかもしれませんが、よ~く見てみると、リスの位置が変わっていたり、絵全体のタッチも異なることが見て分かります。

2️⃣何故このようなパッケージに?

パイの実のパッケージには実はある思いが込められていたのです。

パイの実が焼き上がった時、「パンノキ」という植物にそっくりで、それを見た人が「パイの実の木」→「パイの実ができる」→「パイの実がたくさんできる」→「沢山の夢ができる」→「沢山の夢を届けられる」

このように消費者の夢と希望を願う思いがパッケージに込められていたのです。

3️⃣フレーバーの多様化によるパッケージの増加

パイの実がスナック菓子として一般化した2000年代初頭。最初に発売された新しいフレーバーはいちご味でした。

リスに加えてウサギが絵に描かれています。全体的に可愛らしい印象を与える為、取り入れたそうです。

続いて、こちらはコメだ珈琲とのコラボパッケージ。毎度お馴染みのリス達がメイドに扮した様子が描かれています。

いかがでしたか?パイの実のパッケージにどのような思いが込められていたのか知らない方は多いのではないのでしょうか?一度知り合いに教えてみても面白いかもしれません。また、パッケージは紹介したものより多くの種類があります。不思議な味だったり、様々な企業とコラボしたフレーバーのパッケージがあるので一度調べてみても面白いかもしれません。

発売から昨年で40周年を迎え、今もなお老若男女に愛されるお菓子「パイの実」。

今日はそんなパイの実のパッケージの歴史についてご紹介していこうと思います。

1️⃣ 発売当初のパッケージ

2️⃣何故このようなパッケージに?

3️⃣フレーバーの多様化に伴うパッケージの増加

1️⃣発売当初のパッケージ

パイの実が発売開始されたのは今から約40年前の1979年。当時はパイとは高価なお菓子で主に洋菓子店で販売されていました。そんななか、パイを安価でたくさんの人に届けられないかとういことで開発されたのがパイの実だったのです。

さて、本題の初代パッケージを見てみましょう!

これがパイの実の初代パッケージです!

「今と余り変わらない…?」と思われるかもしれませんが、よ~く見てみると、リスの位置が変わっていたり、絵全体のタッチも異なることが見て分かります。

2️⃣何故このようなパッケージに?

パイの実のパッケージには実はある思いが込められていたのです。

パイの実が焼き上がった時、「パンノキ」という植物にそっくりで、それを見た人が「パイの実の木」→「パイの実ができる」→「パイの実がたくさんできる」→「沢山の夢ができる」→「沢山の夢を届けられる」

このように消費者の夢と希望を願う思いがパッケージに込められていたのです。

3️⃣フレーバーの多様化によるパッケージの増加

パイの実がスナック菓子として一般化した2000年代初頭。最初に発売された新しいフレーバーはいちご味でした。

リスに加えてウサギが絵に描かれています。全体的に可愛らしい印象を与える為、取り入れたそうです。

続いて、こちらはコメだ珈琲とのコラボパッケージ。毎度お馴染みのリス達がメイドに扮した様子が描かれています。

いかがでしたか?パイの実のパッケージにどのような思いが込められていたのか知らない方は多いのではないのでしょうか?一度知り合いに教えてみても面白いかもしれません。また、パッケージは紹介したものより多くの種類があります。不思議な味だったり、様々な企業とコラボしたフレーバーのパッケージがあるので一度調べてみても面白いかもしれません。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2021 All Rights Reserved.