未分類

きのこの山とたけのこの里の違いが両者の論争を激化している!?

出典:https://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/kinotake/

きのこの山派かたけのこの里派か。

この論争はいつまでも決着がつきませんね。なぜこのような戦いが起きてしまうのでしょうか?

どちらも同じように感じますが、調べてみると生地やチョコレートに違いがあることが分かりました。

その違いが、きのこたけのこ論争を激化しているのかもしれませんね。

今回は、きのこの山とたけのこの里の違いについてまとめました。

土台の生地が違う

きのこの山とたけのこの里は、どちらも土台の生地に上にチョコレートがかけられていることは共通です。

しかし、土台の生地は違うものです。

それぞれに使われている生地について説明します。

きのこの山はクラッカー生地

きのこの山はクラッカー生地を使用しています。

そのため、サクサクと固いことや生地自体が香ばしい香りがすることが特徴です。

たけのこの里はクッキー生地

たけのこの里はクッキー生地を使用しています。

そのため、しっとりと柔らかく口溶けがよいことが特徴です。

生地が違うので食感も違う

実際に食べると、クラッカー生地を使っているきのこの里は、全体的に固くです。

クッキー生地を使用しているたけのこの里は、あまり噛まなくても口の中で簡単に溶けてしまいます。

この食感の違いが土台の生地の違いによるものだったのです。

チョコレートの種類が違う

きのこの山とたけのこの里では使用しているチョコレートの種類が違います。

同じチョコレートが使われていると思いがちです。

しかし、実際はそれぞれ土台の生地に合うようなチョコレートを使っています。

どのようなチョコレートを使用しているのか紹介します。

きのこの山のチョコは2種類のカカオ豆を使用

きのこの山のチョコレート部分は2層構造です。

ガーナ産と南米産の2種類のチョコを使用しています。

上の層は南米産のカカオ豆を使用したチョコレートです。

そのためカカオの香りを強く感じることができます。

きのこの山の土台のクラッカー生地に合うように、甘さ控えめのビターなチョコレートです。

下の層のチョコレートはまろやかなミルクチョコレートなので、2つの味を楽しむことができます。

たけのこの里はミルクチョコレートのみ

たけのこの里のチョコレート部分は、2層構造ですが、ミルクチョコレートのみ使用です。

上の層はきのこの山と同様に南米産のカカオ豆を使用したチョコレートを使用しています。

きのこの里とは違うのは、ミルクチョコレートを使用している点です。

たけのこの里のクッキー生地は甘塩っぱいため、ミルクチョコレートの甘さが引き立ちます。

下の層のミルクチョコレートにはミルクパウダーを多く使用し、ミルク感が強くなるようにしています。

まとめ

今回はきのこの山とたけのこの里の違いについてまとめました。

両者とも生地とチョコレートの相性が合うように計算され、こだわりをもって作られています。

どちらが優れているかではなく、その違いを楽しむようにするのが一番ですね。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2022 All Rights Reserved.