未分類

ガトーショコラとブラウニーの違いって何?

ガトーショコラとブラウニー。

どちらも同じチョコレート菓子ですが、いったい何が違うのでしょうか?

それぞれの名前の由来、材料や作り方の違いについて解説します。

ガトーショコラとは

ガトーショコラという名はフランス語で、「ガトー」はケーキや洋菓子を意味し、「ショコラ」はチョコレートを意味します。

つまり、直訳すると「チョコレートケーキ」。

日本では、一般的に濃厚ながら、ふんわり、しっとりとした食感に焼き上げるのが特徴です。

一方、フランスのガトーショコラは、日本のものと比較するとレアに焼き上げ、食べるときの温度によって様々な食感と口溶けを楽しむことができます。

ブラウニーとは

ブラウニーはアメリカ発祥のチョコレートケーキ。

チョコレートを混ぜた生地を平たく焼いて、四角くカットするのが一般的です。

材料を順番に混ぜて焼くだけ、と作り方も簡単。

ナッツやチョコチップを混ぜて食感を楽しむレシピもたくさんあります。

気軽に、手でつまんでいただけるお菓子ですね。

材料の違い

ガトーショコラとブラウニーの基本的な材料はいたってシンプル。

主な材料は共通していて、薄力粉、バター、砂糖、卵、チョコレート、ココアパウダー、これだけです。

では何が違うかというと、チョコレートの量薄力粉の量

ガトーショコラよりブラウニーの方がチョコレートの量、薄力粉の量が多く、しっかりと仕上がります。

また、ガトーショコラは、チョコレートの量に対して、薄力粉の量が非常に少なく、レシピによっては全く使わないものもあります。

お好みで、ブラウニーにはナッツやチョコチップも合いますよ。

作り方の違い

ガトーショコラとブラウニーでは、作り方にも違いがあります。

それは、卵の使い方。

ガトーショコラでは、卵黄と卵白に分け、卵白を泡立ててメレンゲにして使うのに対して、ブラウニーは全卵を使います。

この空気をたくさん含んだメレンゲの効果でガトーショコラは、ふんわり軽くなるのです。

全卵を混ぜるだけ、という点ではブラウニーの方が手軽に作れる感じですね。

まとめ

どちらも同じチョコレート菓子のガトーショコラとブラウニー。

主な違いは、チョコレートの量と薄力粉の量。

それと卵の使い方。

この三つの違いで、ガトーショコラは、ふんわり、しっとりした食感に、ブラウニーはソフトクッキーのようなホロホロっとした食感に仕上がるのです。

また、ガトーショコラは、ホイップした生クリームを添えたりしてフォークでいただくのに対して、ブラウニーは手でつまめるお菓子。

シチュエーションに合わせてお楽しみくださいね。

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2022 All Rights Reserved.