未分類

タカノフルーツパーラーと千疋屋の違いって?食べ放題についてもご紹介!

皆さんもよく知る高級フルーツパーラー、タカノフルーツパーラーと千疋屋。

この2つのフルーツパーラーの違いは皆さんご存じでしょうか?

まず、この2つのフルーツパーラーの沿革をまとめますと

・タカノフルーツパーラー

1885年に初代高野吉太郎が創業。創業当時は繭仲買・中古道具が本業であり、果実の取扱は副業としていたようです。

現在と同じように果実の取扱を本業として始めたのは1900年のことです。

そして、1921年には建物のスタイルが洋風建築となり、フルーツパーラーとして営業を始めるようになりました。

その後1933年には喫茶・レストランの経営を始め、現在のタカノフルーツパーラーに近い経営形態となったようです。

当時の新聞記事と、洋風建築となったタカノフルーツパーラー

・千疋屋

1834年に大島弁蔵が創業。創業には飢餓や物価の高騰といった厳しい時代背景があり、そうした中当時は野菜や果物を運び売っていたようです。

1868年には「果物食堂」として、フルーツパーラーの営業を開始しました。

1929年に千疋屋の建物は洋館風に新築され、更にメニューに当時の日本では滅多に食べることができなかったショートケーキやフルーツカレー等が登場したことでかなり現在の千疋屋に近い形となったようです。

1929年当時の千疋屋

千疋屋の方が創業、そしてフルーツパーラーとしての営業を始めたのも早いようですね。

それでは、現在の2つのフルーツパーラーの違いを比較していきましょう。

価格の違い

共通するメニューがいくつかあるので、それらを比較しますと

フルーツパフェ 高野 税込¥1,430 千疋屋 税込¥2,310

マスクメロンパフェ 高野 税込¥3,080 千疋屋  税込¥3,300

バナナチョコレートパフェ 高野 税込¥1,100 千疋屋 税込¥1,760

このように、千疋屋の方がやや高い価格が設定されています。

メニューの違い

千疋屋はパスタやオムライス等の定番のお食事はもちろん、フルーツカレー・フルーツソースをふんだんに使用したステーキ等フルーツパーラーらしくかつガッツリとしたメニューが充実しています。

一方で高野は、スイーツではない食事として食べられるようなメニューはサンドイッチのみです。こちらもフルーツサンドといったフルーツパーラーらしいメニューもあります。

テイクアウトメニューの違い

両者ともケーキのバリエーションが充実していますが、千疋屋はそれ以外のメニューとしてフルーツサンド、タカノはゼリーやパフェといったスイーツがあります。

高野の方がフルーツを贅沢に味わえるメニューが少し多い印象ですね。

食べ放題の違い

タカノフルーツパーラーは、タカノフルーツティアラ限定で開催しており、おひとり様税込¥5500。

料理内容はカットフルーツ食べ放題、ケーキやブリュレ、ジュレ、コンポート、ソテー、マリトッツォやサンドウィッチ、サラダなどの軽食。コーヒー/紅茶付き。

それらに加え、2021年12月27日~2022年2月28日まで季節のフルーツを使用したアフタヌーンティーを期間限定で提供しています。

千疋屋の食べ放題は2種類あり、1つは日本橋本店と池袋西武店で開催されている。「世界のフルーツ食べ放題」、もう1つはタカシマヤフードメゾン新横浜店で行われているフルーツバイキング。

店舗ごとにメニューが異なるのでそれぞれのメニューをご紹介しますと、

・日本橋本店 税込¥6600

マスクメロン/パパイヤ/マンゴーオレンジ/キウィフルーツ/バナナグレープフルーツ/パイナップル/すいか冷凍トロピカルフルーツ旬のフルーツフルーツヨーグルトフルーツエードコーヒー/紅茶季節のアイスティー/アイスウーロン茶オレンジジュース/グレープフルーツジュースマンゴーカレー/スパイシーココナッツカレー/パイナップルハッシュドビーフ/ビュッフェサラダ/ビュッフェデザート/ミックスサンド/季節のオードブル/ショートケーキ※

・西武池袋店 税込¥5500

マスクメロン/パパイヤ/マンゴーオレンジ/キウィフルーツ/バナナグレープフルーツ/パイナップル/すいか冷凍トロピカルフルーツ旬のフルーツフルーツヨーグルトフルーツエードコーヒー/紅茶アイスダージリン/アイスアールグレイフルーツジュースマンゴーカレー/スパイシーココナッツカレー/パイナップルハッシュドビーフ/ビュッフェサラダ/お楽しみアイスORシャーベット/ミックスサンド/お楽しみデザート

・タカシマヤフードメゾン新横浜店 税込¥4400

世界のフルーツ18種 フルーツドリンクフリードリンク制:コーヒー/紅茶/アイスアップルティー/アイスピーチティーマンゴーカレー/スパイシーココナッツカレー/パイナップルハッシュドビーフ(オーダー制食べ放題)/お楽しみデザート又はフルーツサンドイッチ/アイスクリーム/シャーベットワンディッシャーサービス(メニューより1品お客様が選択)

千疋屋の食べ放題は現在はコロナウイルスの影響により、次回の開催日は未定です。

まとめ

改めて違いをまとめますと、

・千疋屋の方が価格が高めに設定されている。

・千疋屋は食事メニューが充実している。

・タカノはテイクアウトメニューにフルーツの味を贅沢に味わえるものが充実している。

・食べ放題のメニューの種類は千疋屋の方が多め。

どちらもフルーツが美味しいのは間違いないので、皆さんのお好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

-未分類

Copyright© サイト作成 , 2022 All Rights Reserved.